ポーラ・オルビスとANA、宇宙でも使える化粧品を共同開発へ

ポーラ・オルビスとANA、宇宙でも使える化粧品を共同開発へ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

ポーラ・オルビスホールディングスとANAホールディングスは9月11日、「宇宙ライフを美しく快適に」をコンセプトとした製品を共同開発するプロジェクト「CosmoSkin」を発足した。

コーセー「雪肌精」から新シリーズ「クリアウェルネス」が登場

このプロジェクトでは、近い将来可能になるといわれている民間宇宙旅行に向けて、宇宙での暮らしを美しく快適にするための化粧品づくりを目指す。宇宙という極限状態を想定しながら製品開発を進めることで、地上も含めた新しい豊かな生活につなげるという。

宇宙での限られた船内空間での微小重力生活では、全身に様々な変化が起こるとともに、メンタルウェルネスの維持などが課題となる。これらを解決するための技術は、高齢化社会や行動が制約されるコロナ禍においても、健康の維持・増進に役立てられるとのこと。

また、資源が極端に限られる・ゴミを最小限に減らさなければならないといった制約に合わせて技術を進化させると、地上におけるサステナビリティ向上に活用することが期待できる。

プロジェクトの発足にともなって行われたパネルディスカッションでは、宇宙飛行士の山崎直子氏が宇宙、極地建築家の村上祐資氏が南極などの極地、全日本空輸宣伝部部長兼宇宙事業化プロジェクトの江島まゆみ氏が航空機内について、それぞれの環境での体の変化と持ち込める荷物やごみの制約、気分転換方法などについて語った。

プロジェクト第一弾として、宇宙でも使える化粧品の共同開発を開始し、まずは2023年の商品化を目指す。ポーラ・オルビスグループは、宇宙での暮らしに適した化粧品の研究開発を実施。ANAホールディングスは、地上よりも宇宙環境に近いといわれている航空機内を実証実験の場として提供する。

山口晴子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加