浅草東武ホテル、開業1周年で「東武鉄道運転シミュレータールーム」を設置 志木乗務管区で使用されていた本物を移設

浅草東武ホテル、開業1周年で「東武鉄道運転シミュレータールーム」を設置 志木乗務管区で使用されていた本物を移設

  • Traicy
  • 更新日:2021/09/15
No image

浅草東武ホテルは、東武鉄道の全面協力のもと、開業1周年を記念し、東武鉄道運転シミュレータールームを設置する。

客室に、2013年から志木乗務管区で東武東上線の運転士が訓練で使用していた、実物の50070型車両の運転シミュレーターを移設する。東武東上線池袋〜小川町駅間の上下線の体験が可能で、普通・急行の種別、出発駅や番線、閉そく区間ごとのATC制限速度、先行列車の設定もできる。モニターには沿線の車窓風景がCGでリアルに再現されており、実物さながらの運転体験を楽しめる。客室内には、駅で使用しているものと同じ駅名標などの装飾を施す。

開業1周年を迎える10月8日から提供を開始し、第1期の10月8日から14日までの予約を、10月1日正午から受け付ける。当初はデイユースプランのみを設定し、チェックインが午後1時、チェックアウトが午後5時となる。料金は1室10,200円。11月5日から宿泊プランも提供する。

詳細はこちら

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加