おせちで余った黒豆は「ポタージュ」が最適だと!?「食べたら納得!!」

おせちで余った黒豆は「ポタージュ」が最適だと!?「食べたら納得!!」

  • CHANTO
  • 更新日:2021/01/13
No image

正月料理といえば「おせち」を思い浮かべる人も多いはず。用意したものの余らせてしまうこともありますよね。昨年12月放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)では、おせち料理でもある“黒豆”のアレンジレシピが2品紹介されました。

おせちのプロが伝授する“黒豆アレンジレシピ”

同番組には“おせちを1000種類以上食べてきた”という中井千佳さんが登場し、黒豆活用レシピとして「黒豆のポタージュ」を提案。作り方は、最初に黒豆140gの汁けを切ってから水洗いします。ザルに開けた後、バター10gを熱した鍋にベーコン30g(細切り)を投入。ベーコンの脂を引き出したら、玉ねぎ1/2個も加えて透き通るまで炒めましょう。

玉ねぎが透き通ったタイミングで、主役である黒豆をイン。全体に油が回った時に水200mlとローリエ適量を入れ、10分煮込みましょう。10分煮込んだものをミキサーで攪拌して、牛乳100mlを入れた鍋に注ぎ入れます。沸騰しないように温めながら塩(小さじ1/2くらい)、こしょう少々で味つけすればできあがりです。

黒豆×クリームチーズが相性バツグン!?

一品で十分に黒豆を消費できる“絶品ポタージュ”。中井さんはポタージュの他に、「黒豆のクリームチーズ」というレシピも考案しました。

気になる作り方は、まずクリームチーズ200gを練ってから室温で戻します。柔らかくなったら、汁けをきった黒豆(140~150g)をチーズにプラス。さらに粉ゼラチン5gとお湯50mlを混ぜ合わせたものを少しレンチンし、チーズに注いでミックスしてください。

仕上げに混ぜたものをラップ上に広げて、ラップを“キャンディー”のような筒状にします。後は冷蔵室に移し、固まるまで冷やせば完成。中井さんは「お子さんでも食べやすい」と説明しているので、黒豆が苦手な子どもにもおすすめのメニューかもしれません。

中井さん考案の2品は大好評で、視聴者から「ポタージュが超濃厚! 程よい甘さが最高です」「『黒豆のクリームチーズ』はおつまみにぴったり! 子どもから大人まで楽しめる逸品だと思う」などの声が相次いでいました。

>>NEXT おせち料理は「数の子」と「栗きんとん」が大人気

“おせち人気ランキング”の第1位は「数の子」

おせち料理の1つである“黒豆”に注目してきましたが、そもそもおせちの中でどの具材が人気なのでしょうか? 引越革命株式会社は昨年12月、“おせち料理に関するアンケート調査(2021年版)”の結果を公開。同調査では、20~60代の男女を対象に「好きなおせちの具材」を質問しています。

ランキングを見ていくと、第1位に選ばれたのが「数の子(40.5%)」でした。2位には1位と0.4ポイント差で「栗きんとん(40.1%)」、続いて「エビ(36.3%)」「伊達巻(30.5%)」がランクイン。4割を超えた「数の子」「栗きんとん」は多くの人から好まれる具材のようですね。

ちなみに黒豆の順位は29.8%で第6位。もし黒豆が余った際は、ぜひ中井さんの絶品アレンジレシピを取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事:

おせちの由来や意味を、子どもに正しく説明できますか?

「おせちは既製品でいい」と言われても同居嫁が手作りを選ぶ理由

文/河井奈津

参照/引越革命株式会社「【2021年版】おせち料理に関する調査」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000056347.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加