ドット絵のメイドさんがメチャかわいいADV「電気街の喫茶店」を先行プレイ【BitSummit2022】日本初公開・ビキニ姿のメイドさんも!

ドット絵のメイドさんがメチャかわいいADV「電気街の喫茶店」を先行プレイ【BitSummit2022】日本初公開・ビキニ姿のメイドさんも!

  • GAME Watch
  • 更新日:2022/08/06

【Maid Cafe at Electric Street】

発売日・価格:未定

No image

京都府にて8月6日・7日にわたって開催されているインディーゲームの祭典「BitSummit X-Roads」。こちらで試遊したアドベンチャー「電気街の喫茶店(Maid Cafe at Electric Street)」を紹介する。

本作はメイド喫茶がテーマのアドベンチャー作品。中国・上海でインディーゲームを制作する「Adventurer's Tavern」が開発を手掛けている。ブラック企業で働いていた主人公はある日、勢いで仕事を辞めることを決意する。そんなある日、メイド喫茶にてちょっとおっちょこちょいな店員の「シロ」と出会いを果たす。そしてひょんなことからシロが務めるメイド喫茶の店長を任されるという、破天荒ながらも夢のある展開で物語はスタートする。

No image

ゲームは主に横スクロールのアドベンチャー作品で、女の子たちとのストーリーに加え体験版ではドリンクメニューを作るパートなどが盛り込まれていた。アドベンチャー「VA-11 Hall-A」や「Coffee Talk」などを彷彿とさせる要素で、ミルクやチョコレートなど様々な材料からドリンクメニューを作成することになる。

ドット絵によるビジュアルも魅力的で、シロとの会話では彼女の立ち絵が大きく表示されるほか、表情差分も多数用意。喜ぶシロや困るシロなど抜群のかわいさになっている。また、BitSummitのブースでは大きな看板が用意されており、こちらには大胆な黒ビキニ姿のシロが描かれていた。開発者の方に話を聞いたところ黒ビキニ姿は本イベントが初公開になっているという。今回のバージョンでは一部ローカライズが行なわれていない部分があるが、製品版ではしっかりと日本語に対応するとのこと。今後の発表にも期待したい。

No image

ブラック企業での業務で疲れ果てた主人公

No image
No image

一方でメイドカフェも閑散とした状態

No image
No image

カフェでは材料を選びドリンクを作るゲームも

No image
No image
No image
No image

店長に任命され住む場所まで手に入れた主人公。なんて奴だ!

No image

背景のドット絵は動きがあるものも存在し鮮やか

No image

会場ではビキニ姿のシロがお出迎え!

No image

岩瀬賢斗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加