大沢たかお『沈黙の艦隊』原作者からのイラストに感動も...海江田艦長に「似ていない」と不安

大沢たかお『沈黙の艦隊』原作者からのイラストに感動も...海江田艦長に「似ていない」と不安

  • ENCOUNT
  • 更新日:2023/01/25
No image

「Prime Video 新年発表会」に出席した大沢たかお【写真:ENCOUNT編集部】

かわぐちかいじ氏「自信を持ってほしい」と大沢にフォロー

漫画『沈黙の艦隊』が実写映画化され、9月29日に東宝系にて劇場公開されることが25日、わかった。俳優の大沢たかおが主演およびプロデューサーを務める。同日都内で行われた「Prime Video 新年発表会」にて発表された。

『沈黙の艦隊』は1988年から96年まで『モーニング』(講談社)で連載され、累計発行部数3200万部を誇る人気漫画。日米共同で極秘裏に建造された日本初の原子力潜水艦を奪い、乗員76人を伴って航海中に逃亡した艦長・海江田四郎の理想とする世界の実現に向かっていくさまを描く。

実写映画化の企画は、映画『キングダム』などを手がけた松橋真三プロデューサーが、大沢に話をしたことをきっかけに始動した。原作者のかわぐちかいじ氏が「実写化は不可能」としていた『沈黙の艦隊』を手掛けるにあたり、大沢は「果たして本当にできるのかという疑問から入りました」と説明。「みなさんの力が集結して、実現できるのではという段階になった。これはできないだろうと諦めながらやっていたので、ここに立っているのが信じられない」と素直な心境を明かした。

撮影現場にかわぐち氏が訪れ、セットを見て回ったという。大沢は「いろいろ不安な気持ちを抱えていらっしゃったと思う。目も合わせてくれなかった(笑)。いろいろ説明を聞いていく内に少しだけ信じてくれたのかな?」とその時の様子を紹介した。

もともと原作のファンである大沢はかわぐち氏にサインをおねだり。自身が演じる海江田のイラストも描いてもらったことを明かし、「すごく感動した。でも改めて海江田という人間を見たとき、僕に似ていないなって思った。これ、みんなどう思っているのかなってすごく悩んだ」と急に不安を吐露。撮影現場で大沢の熱演を間近で見ていたかわぐち氏は「自信を持ってほしい」と大沢にフォローを入れていた。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加