日本ハム・アーリン「決め球のカーブが高めに浮いてしまった」 五回途中1失点で2勝目ならず

日本ハム・アーリン「決め球のカーブが高めに浮いてしまった」 五回途中1失点で2勝目ならず

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

(セ・パ交流戦、日本ハム―阪神、3回戦、10日、札幌D)先発した日本ハムのロビー・アーリン投手(30)は、五回途中6安打1失点で降板。2勝目はならなかった。

「チェンジアップの調子は良かったが決め球のカーブが何球か高めに浮いてしまい打たれてしまった。最後は積極的に攻めていく姿勢を欠いてしまい、好打者が揃っている阪神打線に得点を許してしまった」

No image

先発の日本ハム・アーリン=札幌ドーム(撮影・三浦幸太郎)

立ち上がりからテンポのいい投球で、走者を背負いながらも四回まで無失点に抑えた。

だが五回2死から中前打、四球で一、二塁とピンチを招くと、中野に先制適時打を浴びて80球でマウンドを降りた。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加