セルビア代表ストイコビッチ監督「いつの日かまた日本に」11日森保ジャパンと対戦

セルビア代表ストイコビッチ監督「いつの日かまた日本に」11日森保ジャパンと対戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

練習する選手を見つめるセルビア代表のストイコビッチ監督(撮影・吉澤敬太)

サッカー日本代表と国際親善試合(11日・ノエビアスタジアム神戸)で対戦するセルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督(56)が10日、オンライン会見を行った。

J1名古屋での選手、監督時代に数々の栄光を築いてきた“ピクシー(妖精)”ことストイコビッチ監督。久々の来日を果たし、日本語も交えながら笑顔で会見に応じた。「日本に久しぶり来て、気分は大変良い。日本は私にとって大事な国。日本の皆さんは私を愛しているし、私も日本を愛しています」と第二の故郷について語った。

4日に来日し、トレーニングを重ねてきた。「問題はコロナ対策のため、せっかく来日したのに宿舎とトレーニング施設の外に出ることができない点。しかし、この試合のために来たので頑張りたいと思う」と続けた。

質疑応答では「このまま日本に残ってくれれば、ファンが喜ぶが可能性は」とも問われた。これには苦笑いを浮かべ「残念ながら協会との契約があるのでそれはできない。何よりカタールW杯とユーロの予選を突破するのが私の目標。残念ながら日本にいては仕事にならない。それを達成した後はいつの日かまた日本に戻りたい」と答えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加