大橋未歩アナ テレ東内定連絡の瞬間は他局にいた「非常口のところで『ありがとうございます』って」

大橋未歩アナ テレ東内定連絡の瞬間は他局にいた「非常口のところで『ありがとうございます』って」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/04

フリーアナウンサー大橋未歩(42)が3日、アシスタントを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演し、就職活動時のエピソードを明かした。

No image

フリーアナウンサーの大橋未歩

番組ではNHK連続テレビ小説「さくら」のヒロインに決まった女優・高野志穂(41)が、当時の発表会見で、カメラマンからガッツポーズ姿を求められたとの一部インタビュー記事を紹介。出演者たちがガッツポーズしたくなる瞬間について語った。

大橋アナはマツコ・デラックス(48)から促され、かつて在籍していたテレビ東京から内定をもらった瞬間について話した。「内定の電話が来た時は、他のテレビ局の局内だったんですよ。そこから内定をもらっていたので、喜べずに、裏階段に行って非常口のところで『ありがとうございます』って」と、ひそひそ声でお礼を言ったという。

マツコから「ちなみにどこの局にいたの?」と突っ込まれると、大橋アナは「読売テレビ…読売テレビです」とマイクがやっと拾えるほどの小声で打ち明けた。

アナウンサー試験の超高倍率をくぐり抜け、複数の内定を獲得した大橋アナに、マツコは「難しいところよね。在阪局ではあるけれども読売系列なのか、キー局ではあるけれどもテレ東なのか」とコメント。すると、大橋アナは「親も含めて全員、『読売に行け』って言ってました」と笑顔でぶっちゃけ、笑わせていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加