レディー・ガガ、伊坂幸太郎「マリアビートル」ハリウッド映画化に出演

レディー・ガガ、伊坂幸太郎「マリアビートル」ハリウッド映画化に出演

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

『バレット・トレイン(原題) / Bullet Train』出演が報じられたレディー・ガガ - Wiktor Szymanowicz / Barcroft Media via Getty Images

人気歌手のレディー・ガガが、ブラッド・ピット主演でベストセラー作家・伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」を映画化する『バレット・トレイン(原題) / Bullet Train』に出演すると、Colliderが独占で報じた。

2010年に出版された原作「マリアビートル」は、東京から盛岡へ向かう東北新幹線を舞台に、殺し屋たちの壮絶な戦いを描いた作品。ハリウッド映画版では『デッドプール2』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のデヴィッド・リーチ監督がメガホンを取る。

The Hollywood Reporter によると、ブラッドがレディバグ(てんとう虫)と呼ばれるアメリカ人のヒットマンを演じるほか、タンジェリン(蜜柑)という名の殺し屋役でアーロン・テイラー=ジョンソン、プリンス(王子)という10代のキャラクター役でジョーイ・キングが出演。ガガの役どころは不明だが、情報筋がColliderに明かしたところでは、メインキャラクターではないようだ。

そのほか、『デッドプール2』『ジョーカー』などのザジー・ビーツや、海外ドラマ「HEROES/ヒーローズ」のマシ・オカマイケル・シャノンブライアン・タイリー・ヘンリーアンドリュー・コージらが出演。米ソニー・ピクチャーズが制作する。(編集部・入倉功一)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加