不登校児童生徒の支援策協議 岡山市総合教育会議、事例報告も

不登校児童生徒の支援策協議 岡山市総合教育会議、事例報告も

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2023/11/21
No image

不登校児童生徒の支援策について協議した市総合教育会議

岡山市の教育施策を話し合う市総合教育会議が21日、市役所で開かれ、増加する不登校の児童生徒への支援策について協議した。

大森雅夫市長、三宅泰司教育長、教育委員ら計12人が出席。三宅教育長が2022年度に新たに不登校となった児童生徒数や、連続的に欠席した子どもへの家庭訪問、個別の支援計画による学習指導といった支援策について説明した。

具体的な取り組みも報告され、不登校の兆候が見られる児童をサポートする「校内支援教室」を本年度開設した吉備小の奥橋健介校長は、支援教室で過ごす児童の様子を紹介。不登校の児童を受け入れる市の支援教室「そよかぜ平福」(南区三浜町)の小亀昌子室長はICT(情報通信技術)を活用した取り組みを踏まえ「自宅で過ごす子どもとつながる工夫もしたい」とした。

教育委員らは「その子の一生を見据えた支援が重要」「中学校との連携も求められる」などと述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加