巨人・高梨が大ピンチしのぐ 阪神の勝負手は不発に...

巨人・高梨が大ピンチしのぐ 阪神の勝負手は不発に...

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

7回、高梨は梅野から空振りを奪い、この後に二走の小幡を三塁でタッチアウトにする(撮影・堀内翔)

「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

巨人・高梨が大ピンチをしのいだ。

菅野の後を継いで、2点リードの七回からマウンドへ。小幡の安打、近本には四球を与えて無死一、二塁となった。

ここで、打席の梅野はカウント1-1からバスターエンドランを仕掛けてきたが、内角低めのスライダーを空振り。大城が落ち着いて小幡の三盗を阻止し、1死二塁となった。

この後、梅野を二ゴロ、糸原を遊ゴロ。高梨がガッツポーズを連発した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加