千賀滉大のコロナ離脱で急きょ先発の杉山一樹は白星ならず「5回は投げ切らないといけなかった」

千賀滉大のコロナ離脱で急きょ先発の杉山一樹は白星ならず「5回は投げ切らないといけなかった」

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/08/05
No image

◆ソフトバンク7-3楽天(5日、ペイペイドーム)

ソフトバンク杉山は5回途中降板の苦しい投球だった。千賀の代役として急きょ先発。2点リードの3回、島内に右越えソロを浴びると、1点リードの5回に1死一、二塁のピンチで交代を告げられた。「昨日も中継ぎ陣がたくさん投げていたので、何とか長いイニングを投げたかった。野手の方にも助けてもらい、粘ることはできましたが、5回は投げ切らないといけなかった」。85球の力投が自身の白星につながらず、悔しさをかみしめた。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加