【DeNA】大貫晋一、チームトップ8勝目「恥ずかしかった。余裕でアウト」と全力疾走ライトゴロに笑顔

【DeNA】大貫晋一、チームトップ8勝目「恥ずかしかった。余裕でアウト」と全力疾走ライトゴロに笑顔

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/05
No image

◆JERAセ・リーグ  中日2―4DeNA(5日・バンテリン)

DeNA・大貫晋一投手が中日打線を4回まで1安打に抑える投球を披露。6回2失点で今季中日戦4連勝、チームトップの8勝目を挙げた。

6回2死二、三塁のチャンスでは自身のバットで右前へ強烈なライナーを放って全力疾走。ライト前タイムリーヒットかと思われたが、中日右翼手の岡林が一塁へ素早く送球されてライトゴロとなった。

「会心の当たりだったので、少年野球ぶりに走りました。メチャクチャ走りました。結構恥ずかしかったですね。全力で走りましたけど余裕でアウトだったので。もうちょっとダッシュの能力を上げたいと思います」と照れ笑いを浮かべた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加