首位鹿島が前節の鬱憤を晴らす4発快勝! 神戸はイニエスタ弾などで待望の今季初勝利【サマリー:明治安田J1 第13節】

首位鹿島が前節の鬱憤を晴らす4発快勝! 神戸はイニエスタ弾などで待望の今季初勝利【サマリー:明治安田J1 第13節】

  • Jリーグ.jp
  • 更新日:2022/05/14
No image

2得点の活躍でチームの快勝に大きく貢献した鈴木 優磨(鹿島/#40)

明治安田生命J1リーグは14日に第13節の8試合が行われ、札幌を下した鹿島が首位の座をキープした。

ホームに札幌を迎えた鹿島は、開始6分に上田 綺世のゴールで先制すると、30分に鈴木 優磨が追加点を奪取。前半終了間際にも再び鈴木が決めて、前半だけで3点のリードを奪った。後半立ち上がりにはアルトゥール カイキが4点目を奪取。その後に1点を返されたものの大勢に影響はなく、4-1で快勝を収めた。

ホームで福岡と対戦した川崎Fは、スコアレスで迎えた55分に遠野 大弥のゴールで均衡を破ると、59分に車屋 紳太郎が決めて、2-0と快勝。3連勝で鹿島を勝点2差で追走する。アウェイで湘南と対戦した横浜FMは、14分の水沼 宏太の先制ゴールで勢いに乗ると、小池 龍太、アンデルソン ロペス、レオ セアラもゴールを奪い、4-1でこちらも3連勝を達成した。

アウェイで柏と対戦したG大阪は、71分に生まれたダワンのゴールを守り抜き、1-0で勝利。2連勝で10位に順位を上げている。ホームで鳥栖と対戦した神戸は、開始2分にアンドレス イニエスタのゴールで先制すると、14分には汰木 康也が追加点を奪取。後半には武藤 嘉紀と大迫 勇也にもゴールが生まれ、4-0と快勝。12試合目にして待望の今季初勝利を手にしている。

磐田は1-1で迎えた88分に、鹿沼 直生が決勝ゴールを奪い、2-1でFC東京に勝利。名古屋は開始6分に生まれた仙頭 啓矢のゴールを守り抜き、1-0でC大阪を下した。京都vs清水は、両者譲らずスコアレスドローに終わっている。

明治安田生命J1リーグ 順位表

■試合データ
磐田vsFC東京
名古屋vsC大阪
京都vs清水
鹿島vs札幌
神戸vs鳥栖
川崎Fvs福岡
湘南vs横浜FM
柏vsG大阪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加