輝くように透き通った”水晶文旦”上品な甘み 高知の秋の味覚

輝くように透き通った”水晶文旦”上品な甘み 高知の秋の味覚

  • KUTVニュース
  • 更新日:2022/09/24

高知の秋の味覚、水晶文旦が旬を迎えています。3連休初日の23日、高知市の直販所で試食販売会が開かれ、大勢の人で賑わいました。

みずみずしく輝くように透きとおった水晶文旦。高知市の直販所「とさのさと」で試食販売会が開かれました。高知の秋の味覚を集めたイベントの一環で、土佐市の生産者が訪れた人に直接旬の水晶文旦をPR。3連休ということもあり、大勢の人でにぎわいました。

(兵庫から訪れた人)
「みずみずしくておいしかったです(箱買いしたということは・・?)妻が気に入りました」
(地元の買い物客)
「とてもおいしかったです甘かったね一玉買うとぺろっとみんな食べてしまいます」
「おいしかった!」

今年の水晶文旦は味・大きさともに例年通りの仕上がりだといいます。土佐文旦と違い追熟は必要なく、糖度は12度ほど。上品な甘みが楽しめます。

(木岡真理奈アナウンサー)
「実がプリッとしていてじゅわっと果汁が出てきます。甘みと酸味のバランスがいい」

JA高知県によりますと、水晶文旦の出荷は11月中旬までですが、量販店には年末ごろまで並ぶということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加