ソルダーノの名機“SLO-100”のサウンドをペダルで再現した“SLO Pedal”が誕生

ソルダーノの名機“SLO-100”のサウンドをペダルで再現した“SLO Pedal”が誕生

  • ギター・マガジンWEB
  • 更新日:2022/11/25

ソルダーノのオーバードライブ・ペダル“SLO Pedal”の国内販売が、モリダイラ楽器によって2022年11月下旬より開始される。

No image

Soldano Custom Amplificationの創業者、マイク・ソルダーノによって1987年に生み出された“Super Lead Overdrive 100W Tube Amp Head / SLO-100”は、40年近く経った今でもハイゲイン・アンプの代表格として多くの一流ギタリストたちに愛用されている。

そのドライブ・チャンネルは、ミック・マーズ、ウォーレン・デ・マルティーニ、ハワード・リースなどのHR/HM系ギタリストたちに愛され、ブルージィなクランチ・チャンネルは、エリック・クラプトンやゲイリー・ムーア、ルー・リードなどを魅了してきた。

そうしたソルダーノ・アンプのニュアンスをエフェクト・ペダルで表現することは、これまでは困難だった。しかし今回登場したSLO Pedalは、SLO-100の特徴であるゲイン、サステイン、タッチ・レスポンスの完璧なバランスを再現したものとなっている。

またSLO-100と同様のカスケード・ゲイン・ステージを採用。コントロールもSLO-100と同じゲイン、ボリューム、プレゼンス、および3バンドEQコントロールを装備しており、側面のディープ・スイッチはSLO-100のデプス・ノブと同様にローエンドを強調する。

これらのコントロールを駆使することにより、豊かな倍音を持つクランチ・サウンドから重厚なハイゲイン・サウンドまで、ギタリストが求めるサウンドを自由に引き出すことができる。

No image
No image
No image
No image

マイク・ソルダーノとジョージ・リンチがSLO-100について語った次の動画もぜひ見てみよう。

Soldano SLO Pedal Super Lead Overdrive

【スペック】
米国製
電源:DC9V駆動/乾電池使用不可
寸法:660mm(W) × 114mm(D) × 57mm(H)

【価格】
48,400円(税込)

康晴中島

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加