ぱんちゃん璃奈1・22王座決定戦を欠場、コロナ濃厚接触者に 松崎公則も

ぱんちゃん璃奈1・22王座決定戦を欠場、コロナ濃厚接触者に 松崎公則も

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

ぱんちゃん璃奈(2021年5月22日撮影)

昨年9月にRIZINに参戦した人気キックボクサーのぱんちゃん璃奈(27=STRUGGLE)が1月22日、東京・後楽園ホールで開催されるKNOCK OUT2022 Vol1大会を欠場することが15日までに発表された。

2階級制覇を目指し、喜多村美紀(35=テツジム)と初代KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級王座決定戦に臨む予定だったが、新型コロナウイルス陽性判定者の濃厚接触者になったという。

同じく出場予定だった松崎公則(STRUGGLE)も濃厚接触者となり、2選手とも出場を見合わせることになった。なお団体側と両陣営による協議の上、ぱんちゃん-喜多村戦、松崎-阿部晴翔(チーム・タイガーホーク)戦は3月12日、東京・後楽園ホール大会にスライドすることが決まった。

ぱんちゃんは自身のSNSを更新し「対戦相手の喜多村選手、試合ができなくなってしまい本当に申し訳ありません。興行のKNOCK OUTさん ファンの皆さん 今回直前で王座決定戦に穴を空けてしまい 本当にごめんなさい、また試合流れてごめんなさい」などと謝罪した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加