ミラン、マンUのDF再レンタルへオファー準備!レアルも関心寄せる

ミラン、マンUのDF再レンタルへオファー準備!レアルも関心寄せる

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/07/21
No image

ディオゴ・ダロト 写真提供: Gettyimages

ミランはマンチェスター・ユナイテッドからポルトガル人DFディオゴ・ダロトの再レンタルによる獲得にむけて、再びオファーを提示するようだ。20日、イタリアメディア『トゥットメルカート』が報じている。

ダロトは2018年夏にポルトからマンチェスター・ユナイテッドへ加入。しかし、昨季は公式戦11試合の出場にとどまったこともあり、昨年10月に買い取りオプションが付帯されていない1年レンタルという形でミランへ移籍。2020/21シーズンは公式戦34試合に出場して2ゴール3アシストをマークし、2021/22シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していたが、レンタル期間の満了によりマンチェスター・ユナイテッドへ復帰している。

ミランは同選手の再獲得にむけて、マンチェスター・ユナイテッドとの交渉に当たっているが、現時点では合意に至っていない。一方で、バルセロナでプレーしていたDFジュニオル・フィルポの獲得にも乗り出していたが、フィルポはリーズ・ユナイテッドへ完全移籍している。

その中、ミランはレンタル料を増額した上で買い取りオプション付きの1年レンタルにより再度オファーを提示する模様。マンチェスター・ユナイテッドは当初、完全移籍による放出しか認めない姿勢を見せていたが、再レンタルでのオファーには500万ユーロ(約6億5000万円)以上のレンタル料を求めるという。

なお、ダロトを巡っては、レアル・マドリードも関心を寄せており、争奪戦になる可能性が伝えられている。くわえて、ミランは同選手獲得の失敗に備えて、レアル・マドリードのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラとトッテナム・ホットスパーのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエをリストアップしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加