NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
U-24日本代表、堂安律は“相棒”久保建英に感謝「決めてくれて、助けてくれて...」【東京五輪】

U-24日本代表、堂安律は“相棒”久保建英に感謝「決めてくれて、助けてくれて...」【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/23
No image

【写真:Getty Images】

【U-24日本 1-0 U-24南アフリカ 東京五輪・グループリーグA第1節】

U-24日本代表は22日、東京五輪(東京オリンピック)・男子サッカーのグループリーグA第1節でU-24南アフリカ代表と対戦した。

試合は立ち上がりからU-24日本代表がボールを保持し、U-24南アフリカ代表が自陣に引くという展開に。その中で日本は何度か決定機を作るも仕留め切れない、モヤモヤした時間を過ごしていた。

0-0で迎えた後半もなかなかゴールネットを揺らせなかったが、71分に久保建英が待望の先制点を奪取。この1点を最後まで守り切ったU-24日本代表が、白星発進を決めることになった。

右サイドハーフで先発した堂安律は「初戦、難しい形になりましたけど、何とか勝ち点3取れて良かったですし、良い雰囲気で2戦目を迎えられるかなと思います」と試合後にコメントを残している。

背番号10はこの日、結果こそ出なかったが、何度か久保と好連係を見せチャンスを作った。そして、その“相棒”が決勝点をゲット。そのことについて堂安は「二人で引っ張っていこうという話はしていたので、彼が決めてくれて、助けてくれて感謝しています」と言葉を述べている。

また、堂安は無得点が続く中で焦りはなかったとしつつも、「彼らの勝負にこだわる気持ちというのは、やっぱり海外特有のメンタリティを感じましたし、僕たちも技術を上げていかないと崩していくのは難しいと思いました」とU-24南アフリカ代表の戦いぶりを讃え、課題も口にしている。

初戦を白星で終えたU-24日本代表は次戦、U-24フランス代表を4-1で粉砕したU-24メキシコ代表と対戦する。背番号10は「始まったばかりですけど、すごく短期決戦だと思うので、ここから勢いに乗ってチームに貢献できるように頑張りたいと思います」と今後の意気込みを語った。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加