来週から64歳以下の接種予約 都内自治体で始まる

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/11

64歳以下の人達の新型コロナワクチンの接種に向け、東京都内の自治体で来週から接種券の発送や予約の受け付けが相次いで始まります。

政府は65歳以上の高齢者のワクチン接種を来月末までに終えることを目指し、次に基礎疾患のある人や高齢者施設の職員などの接種を始める予定です。

こうした人達と並行し、都内の一部の自治体は64歳以下の人たちへの接種券の発送や予約の受け付けを来週から始める予定です。

中央区と世田谷区は15日から、60歳から64歳を対象に接種券を発送し、届き次第、予約をすることができます。

新宿区はすでに60歳から64歳への接種券の発送を始めていて、15日から予約の受け付けを始めます。

豊島区は40歳から64歳に対して14日に接種券を発送し、予約については60歳から64歳は28日から、40歳から59歳は来月5日から受け付けるとしています。

これらの自治体では、予約ができれば基礎疾患のない64歳以下の人達への接種が今月中に始まる見通しです。

新型コロナのワクチン接種 国内で2000万回超える

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加