【おしらせ】公開シンポジウム「電波改革~帯域開放は動くか?」

【おしらせ】公開シンポジウム「電波改革~帯域開放は動くか?」

  • アゴラ
  • 更新日:2021/01/14
No image

metamorworks/iStock

菅政権では「スマホ料金引下げ」が議論されています。その裏側にある本当の課題は、電波の帯域が限られ、新規参入などが妨げられていることです。料金引下げは動きつつありますが、さらに「電波改革」の議論にまで踏み込めるのかどうか、「改革」を掲げる菅政権の試金石です。

これまでも、帯域開放の議論は、政府の規制改革会議などでもなされてきましたが、厚い壁に阻まれていました。マスコミが利害当事者であるため、新聞・テレビでなかなかまともに報じられることもありません。

本来国民共有の財産である「電波」について、議論の真相と取り組むべき課題を明らかにするため、今回のシンポジウムを開催します。

日時:1月27日(水)18:30-20:00
方式:オンライン(Zoomウェビナー)
主催:情報検証研究所
共催:情報通信政策フォーラム、アゴラ研究所

出演

池田信夫 アゴラ研究所所長
山田肇 ICPF理事長
山田明 経営評論家
原英史 株式会社政策工房 代表取締役
加藤康之(司会)

構成

「電波改革はこれまでなぜ動かなかったか」(原英史)
「スマホ料金引下げと電波帯域」(山田明)
ディスカッション
質疑

参加申込
参加費:無料
定員:先着90名
申込:申し込みフォームから参加お申込をお願いします。前日までにZoomの招待URLをお送りします。

アゴラ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加