e☆イヤホン、秋葉原/大阪/名古屋店の「ご当地イヤホン」を7/10発売。仙台店モデルも増産決定

e☆イヤホン、秋葉原/大阪/名古屋店の「ご当地イヤホン」を7/10発売。仙台店モデルも増産決定

  • PHILE WEB
  • 更新日:2022/06/23

e☆イヤホンは、秋葉原店/大阪日本橋本店/名古屋大須店それぞれのご当地イヤホン「電~electro~」「堺~カイ~」「鯱~シャチ~」を、7月10日より各店舗限定で発売する。価格は全て15,000円(税込)。

No image

eイヤ各店舗のご当地イヤホンが発売決定

先日オープンしたe☆イヤホン仙台駅前店では、オープン記念としてご当地イヤホンintime「杜-mori-」を限定販売していた。このご当地イヤホンの既存店舗バージョンが新たに登場するかたちで、杜-mori-と同じように各店舗のスタッフがチューニングを施している。

秋葉原店限定の「電~electro~」は、日本一の電気街でありサブカルチャーの聖地である秋葉原に店を構えることから、電子音楽、アニソンをベースにハイテンションで聴けるイヤホンをイメージしてチューニング。デザインも綺麗めなイメージになっているという。

大阪日本橋本店限定の「堺~カイ~」は、店舗最寄りの地下鉄大阪メトロ堺筋線から着想を経たというモデル。レトロな北浜エリアや天王寺動物園、オタロード、新世界と、大阪でも特色あるエリアが多いイメージから、一聴でハッキリとわかるメリハリのついた特色のあるサウンドを目指したとのこと。

名古屋大須店限定の「鯱~シャチ~」は、名古屋城のシンボルである金のしゃちほこから、煌びやかさと音の広がり・見た目の華やかさを表現しつつ、「初心者も玄人もすべての人に“音”を愛してもらいたい」という思いを込めてチューニングしたという。

なお、数量限定だった杜-mori-も追加生産が決定。全てのモデルがレギュラー商品として販売されることとなった。

編集部:杉山康介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加