綾野剛“新町”、初の担当選手が窮地に...戻る場所を見つけるべく奔走「僕を信じてください」<オールドルーキー>

綾野剛“新町”、初の担当選手が窮地に...戻る場所を見つけるべく奔走「僕を信じてください」<オールドルーキー>

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2022/08/06
No image

綾野剛“新町”にとって初の担当選手がピンチに! /  (C)TBS

【写真】“バスケファン”浅利陽介が選手役で10年ぶりの日曜劇場出演

綾野剛が主演を務める日曜劇場「オールドルーキー」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第6話が、8月7日(日)に放送となる。同作は、サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた主人公が、新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために奮闘する家族再生の物語。

トップアスリートたちの“生の声”を反映

脚本は「HERO」シリーズなどで知られる福田靖氏が担当し、トップアスリートたちの“生の声”を反映しつつ、セカンドキャリアへ踏み出す主人公の姿を完全オリジナルで描く。

同ドラマには、責任感が人一倍強く、バリバリ働くキャリアウーマン・深沢塔子を演じる芳根京子や、ピュアでフレッシュなムードメーカー・城拓也を演じる中川大志、またスポーツマネージメント会社「ビクトリー」の社長・高柳雅史を演じる反町隆史も出演。

また、新町を支える妻・果奈子を榮倉奈々が演じる他、岡崎紗絵、増田貴久、生田絵梨花、高橋克実ら個性豊かな面々がストーリーを盛り上げる。(以下、ネタバレを含みます)

スカウトしたフェンシング選手がCMオファーを拒否

7月31日に放送された第5話では、城が新町とタッグを組み、無名のフェンシング選手・三咲(當真あみ)をスカウト。極度の人見知りで、メディア出演に抵抗がある三咲と真正面から向き合う姿が描かれた。

第4話では、サッカー選手として無事に“燃え尽きた”新町。セカンドキャリアへと踏み出したばかりの新町が「スポーツマネージメントとは何か」を再定義する展開にSNS上で大きな反響を呼んだ。

No image

「オールドルーキー」第5話より /  (C)TBS

フェンシングの認知度アップにつながるなら、と「ビクトリー」との契約にも前向きだった三咲。しかし、人見知りである彼女はテレビ出演やグラビア撮影などを拒否、化粧品会社からのCMオファーにも「私はアスリートで、タレントじゃないし…」と険しい面持ちのままだった。

初めてのスカウトに胸を躍らせていた城だが、彼女が変わらない限り契約は無理だと決めつけ、高柳(反町)の判断に従うように。新町が「社長の考えは全部正しいのか?」と問い掛けるも、「新町さんが言っていることはきれいごとです」と一蹴され、二人は険悪なムードになってしまう。

急成長を遂げたフレッシュな二人に反響続々

「ビクトリー」の企業理念は“すべてのアスリートにリスペクトを”。この言葉はドラマ第1話から度々登場しており、社員一同の指針となっている。

元アスリートだからこそ選手側の気持ちにも寄り添うことができる新町は、個人的に彼女のマネージメントを請け負うと宣言。選手とスポンサーが互いに損をしないよう配慮しながら、中立の立場で交渉を進めていく。結果、城も加わり、二人の熱意を受け取った三咲はCM出演を承諾した。

急成長を遂げた新町と城に、SNS上では「社長さんと対峙する城くんの一生懸命さ、必死さに涙が出る」「亮太郎の熱量が周りを巻き込んでいく感じが好き」「新町さんが主人公だけど、俺はビクトリーの社員さん全員が主人公だと思ってる」といった声が上がった。

No image

「オールドルーキー」第6話より /  (C)TBS

正社員になった新町が奔走…第6話あらすじ

第6話は――

正社員になった新町(綾野剛)が初めて担当するのは、バスケットボール選手の新垣和人(浅利陽介)。ベテランの新垣は、家族のために所属するBリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望する。

新垣の実力から移籍はほぼ確実だったはずが、新垣が練習中にまさかの大けが。キングスとの交渉は暗礁に乗り上げ、契約切れとなるジェッツに戻ることもできなくなった。一転して引退の危機に追い込まれた新垣。社長の高柳(反町隆史)もマネージメント解消を考え始める。

しかし、自身も現役時代に大けがを経験していた新町は、どうしても諦めきれない。そして、高柳に「自分が新垣の戻る場所をみつける」と言い切る。そんな矢先、新町は新垣から衝撃的な報告を受ける。

――という物語が描かれる。

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、“ケガしたバスケ選手を救え!”というテロップとともに、床に倒れる新垣の姿が。また、「けがしたアスリートを励まして、復帰の道を探してあげるなんてぴったりの仕事じゃない?」と笑顔で話す果奈子(榮倉)が映し出される。

また、“思い出す過去の辛い思い出…”の文字とともに松葉づえをつく新町の様子が。「だから気持ちが痛いほど分かるんだよなあ」と話す新町からは、当時の苦しみが痛いほど伝わってくる。動画の終盤では「僕を信じてください」と新垣の背中に語りかける新町の様子も。

「オールドルーキー」第6話は、8月7日(日)夜9時から放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加