マスク装着で表情筋を刺激して“老け顔”を防止できる「きもちあげマスク」発売

マスク装着で表情筋を刺激して“老け顔”を防止できる「きもちあげマスク」発売

  • MdN
  • 更新日:2021/01/13
No image

筋肉刺激イメージ

小松マテーレ株式会社は、コロナ禍におけるマスクによる老け顔を解消するためのマスクとして「きもちあげマスク」を開発、発売している。価格は1枚1,500円(税別)。

コロナによりずっとマスクを付けたままの生活では、人と会話する機会の減少などにより、顔や口もと周りの筋肉の運動量が減り、口を動かし表情を作る表情筋が衰え、口元のシワやたるみにつながってしまう。

また、マスクを外した際に口角が下がったり、たるみが目立ったりし、それが「老け顔」の印象を与えるという結果に繋がってしまう。

本マスクは、パワーネットを用いた独自構造により、装着時にフェイスラインのパワーネットが顎下から頬にかけてを覆い、口もと周りの筋肉(表情筋や口角下制筋)を刺激してくれる。

また、マスク装着時の会話などで口もとを動かすと、適度な緊張により効果的に表情筋へ刺激を与える効果もある。

これら筋肉への刺激により、老け顔防止効果が期待できる。

そのほか、耳ひも調節、抗ウイルス加工素材「エアロテクノ」使用、一般の不織布マスクと同等の飛沫防止効果といった機能も備える。

カラーは7色(クリーム、ベージュ、ピンク、ミント、ラベンダー、ネイビー、ブラック)、サイズはフリーサイズ。

「きもちあげマスク」
価格:1枚1,500円(税別)
URL:https://www.uniform-link.com/item/2390
2021/01/13

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加