NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
山下智久、自らの英語セリフを日本語で吹き替え「終始不思議な感じ」

山下智久、自らの英語セリフを日本語で吹き替え「終始不思議な感じ」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/21
No image

俳優で歌手の山下智久がメインキャストの一人として出演した、大型国際連続ドラマ『THE HEAD』の日本語吹替版全6話が21日、Huluにて一挙独占配信スタートした。

『THE HEAD』特番決定! 山下智久と世界の人々のリモートトークも

エミー賞を受賞した世界的ヒットドラマ『HOMELAND/ホームランド』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellem(ラン・テレム)製作総指揮のもと、さまざまな国の実力派キャストが集結した同作。辺境の地にある南極の科学研究基地で展開する“震撼の極限心理サバイバル・スリラー”は、昨年6月に配信がスタートすると、世界各国から熱い注目を集めることに。今年7月現在、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、ベルギー、ロシア、中国ほか、アジア、中東、北アフリカを含む世界約60の国と地域で放送・配信されている。

今回配信がスタートした日本語吹替版では、山下が自らの英語セリフをすべて、自分自身で日本語に吹き替え。全編英語セリフに挑んだ撮影時から心機一転、今度は全編日本語セリフで、研究員Akiという役柄と向き合う。さらに、山下のアフレコ時の様子やインタビュー映像も配信されるほか、当時のメイキング映像の追加配信も予定。
○■山下智久コメント

――日本語吹替版のアフレコで、久々にAkiを演じましたが、いかがでしたか?

どのシーンも鮮明に覚えていたので、それだけ印象的な作品に参加させていただいたんだな、と改めて思いました。と同時に、撮影中の海外での生活もよみがえってきましたね。あの頃は、英語のセリフに感情を乗せる作業がすごく難しく、ただただ撮影についていくのに必死で……。今回アフレコをしながら、毎日もがきながら取り組んでいたこと、そんな僕を支えてくれたスタッフ・キャストの顔を思い出しました。たった3カ月のロケでしたけど、世界中に友達ができましたし、改めて“一生忘れられない夏”だったな、と思います。

――共演者の皆さんとは今でも連絡を取っていらっしゃるんですか?

クリスマスやニューイヤーなどのタイミングでメールを送り合ったり、グループチャットルームでみんなと会話したりしてます。ありがたいことに配信・放送される国や地域も広がっているので、そのたびに情報交換もしてるんですよ。撮影中、現地には一人で行っていたので、すごく大変でしたけど、飛び込んでよかった! 共演者のみんなともすごく強い絆が生まれましたし、自分自身も外国人の方と緊張せずにフラットに接する度胸がついて、いい経験をさせていただきました。

――オリジナル版ではずっと英語のセリフを話していらっしゃったので、日本語でアフレコをする山下さんを見て不思議な感じがしました。ご自身ではいかがでしたか?

自分自身に声を当てるのはほぼ初めての経験で、終始不思議な感じでした。台本と映像を見ながら話す時間をキッチリ合わせたり、もともと英語で話しているところに日本語を乗せる作業は、すごく難しかったです……。でも同時に、面白さもあって! 吹替版のディレクターさんもおっしゃっていたんですけど、英語で話している時は口も大きく動くし、表情も豊かになる。そこに、普通のテンションで日本語のセリフを乗せると、見ている人の中に違和感が生じてしまうんです。ディレクションを受け、テンションや声のトーンを調整しながら「あっ、よく吹替版の作品で聞いた感じだ!」って、楽しくなりました(笑)。

――アフレコをしていると、以前演じた時の感覚も戻ってくるものですか?

そうですね、これもちょっと不思議なんですけど……。実は英語のセリフで演じていた時も、僕自身はAkiの言葉や感情を日本語で解釈していたんです。今回日本語で改めて演じることで、気持ちの中にあったAkiをやっと出せたような気がします。

――日本語吹替版を楽しみにしていらっしゃる皆さんに、メッセージをお願いします。

今回は吹替版ということで、字幕を追っている時は見逃しがちな画力を感じていただきたいです。また、日本語に吹き替えることで、登場人物たちの言葉もダイレクトに皆さんに届くと思います。オリジナルを見てくださった方も、まだ一度も見てらっしゃらない方も、この機会に『THE HEAD』日本語吹替版を楽しんでいただけたら、うれしいです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加