オリックスが5位転落 佐々木朗希に三度目の正直ならず3戦3敗

オリックスが5位転落 佐々木朗希に三度目の正直ならず3戦3敗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/14
No image

6回、バレラは空振りの三振に倒れる(撮影・坂部計介)

「オリックス1-4ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

オリックスはロッテ・佐々木朗を攻略できず、連敗となった。佐々木朗には、今季3戦3敗。“三度目の正直”とはならなかった。

三回1死一、三塁から、福田の遊ゴロ間に1点を挙げるのが精いっぱいだった。1点を追う六回は2死二、三塁と一打逆転の好機を作りながら、バレラが空振り三振。結局、7回で6安打を放ちながら、1得点に終わり、7つの三振を奪われた。

八回は佐々木朗から代わった西野を攻め、無死一、二塁とチャンスメーク。ただ、宗が左飛。代打・大城も二ゴロに倒れ、頓宮は空振り三振にやられた。

先発・田嶋は初回と三回に1失点ずつ。八回の2番手・富山がスクイズとレアードの一発で2点を失ったのも痛かった。

連敗で5位転落。31試合連続の4得点以下と得点力不足は変わらず、5月は1勝9敗と波に乗れない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加