【フィギュア】三浦佳生が新型コロナ感染で木下トロフィー争奪大会欠場「後遺症もなく元気です」

【フィギュア】三浦佳生が新型コロナ感染で木下トロフィー争奪大会欠場「後遺症もなく元気です」

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

三浦佳生(2021年12月26日撮影)

<木下トロフィー争奪大会>◇6日◇木下アカデミー京都アイスアリーナ◇男子ショートプログラム(SP)

1月の4大陸選手権で当時ジュニアながら銅メダルを獲得した三浦佳生(17=オリエンタルバイオ/目黒日大高)が、欠場した。

前日深夜にインスタグラムのストーリーを投稿し、新型コロナウイルスに感染していたことを報告。「明日出場予定だった木下杯はコロナに感染していたため棄権します。2日前から練習は再開していて後遺症もなく元気です。げんさんサマーカップに向けて頑張ります!」とした。

げんさんサマーカップは11日から14日まで滋賀県立アイスアリーナで開催される。

また、島田高志郎(20=木下グループ)も前夜からの発熱で欠場した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加