宇野昌磨、4年後へ「世界のトップで戦い続けていられたら」JOCシンボルアスリート認定式

宇野昌磨、4年後へ「世界のトップで戦い続けていられたら」JOCシンボルアスリート認定式

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

日本オリンピック委員会(JOC)は23日、日本の代表として戦う選手「TEAM JAPAN」のシンボルアスリート、ネクストシンボルアスリートを決定し、都内で認定式を行った。フィギュアスケート男子で平昌、北京五輪2大会連続メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)はシンボルアスリートを継続。宇野は「今年も認定していただき、うれしく思います」と語った。

No image

フォトセッションに臨むアスリートたち(前列左から)渡部暁斗、橋本大輝、小平奈緒、宇野昌磨、金城梨紗子、見延和靖、阿部一二三、阿部詩、上野由岐子(後列同)柳田大輝、北園丈琉、東藤なな子、森重航、河辺愛菜、伊藤麻琴、藤波朱理、木原美悠、古賀若菜、上野優佳、郡司莉子、小林誠也(撮影・村上 大輔)

宇野昌磨ってどんな人?略歴、トリビアも!

五輪が終わったシーズンについては「これまでとこれから、五輪が終わったというところもありますけど、僕にとってはもちろん五輪も大事な試合でした。ただ、昨年は自分が1年間で成長したいと思える年でした。まだまだこれからも成長したいと思っています」とし「皆さんが見て手本となるようなちょっと目標にしたいと思えるような選手でいることを心がけていきたい」と語った。

次回の26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪に向けては「フィギュアスケートがここ数年どんどん技術の発展を遂げている。今もなお、どんどん若い世代が出て、進化していく中で自分も置いていかれないように成長し続けなければいけない。まだ僕にも成長できる余地があると思いますし。4年後の中でどこまで自分がついていけるか分からないですけど、4年後に世界のトップで戦い続けていられたらなと思っています」と話した。

シンボルアスリートは「誰もが憧れるアスリート」の象徴としてJOCが認定。ネクストシンボルアスリートは次世代の日本スポーツ界をけん引する若手選手。今後はスポーツを通じた社会貢献活動を行っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加