[さばの味噌煮×野菜レシピ]プロが教える、失敗しないコツ

[さばの味噌煮×野菜レシピ]プロが教える、失敗しないコツ

  • FYTTE
  • 更新日:2022/01/15
No image

ご飯のおかずにぴったりのさばの味噌煮。テレビやラジオ、雑誌に、また食事改善から、健康を支えるプログラムの開発まで、幅広く活躍する管理栄養士の小島美和子先生に、野菜と一緒に食べるさばの味噌煮レシピを紹介していただきます。

野菜も摂れるさばの味噌煮

さばのうまみでれんこんとネギもおいしい!

材料(2人分)

れんこん:120g

長ネギ:20cm

ショウガ(薄切り):4枚

あさつき:1本

さばの切り身(できれば骨付き):2切れ

味噌:大さじ2

酒:大さじ2

砂糖:大さじ1

みりん:大さじ1

水:250ml

作り方

1. れんこんは皮をむき半分に切って2~3mmの厚さの半月切りにし、さっと水をくぐらせた後、ザルに上げて水気を切る。長ネギは約5cmの長さに切り、あさつきは小口切りにする。

2. さばの皮面に包丁で斜めに切れ目を1本入れる(下の写真参照)。

3. フライパンに味噌の半量、酒、砂糖、みりん、水、ショウガと、長ネギ、れんこんを入れて火にかけ、煮立ってきたらさばの身を下にして入れる。あくをすくい、落とし蓋(紙蓋※)をして中火で5分煮た後、さらに弱火で8~10分煮る。

※紙蓋の作り方:クッキングシートをフライパンよりひと回り大きい四角形に切る。4つ折りにし、さらに三角形なるように折る。フライパンの半径に合わせて端を切り落とす。三角形の尖った方を5mm切り落とし、辺の部分に3~4カ所切り込みを入れる。

No image

おいしく作るコツ

・味噌で煮ることで、さばの生臭みがやわらぎます。
・煮立っているところにさばを入れることで、うまみを閉じ込めます。

4. 残りの味噌を加え、煮汁をかけながら3~4分ほど煮る。

No image

おいしく作るコツ

残りの味噌を加えたら、風味を生かすため長く煮ないようにします。

5. 器にさばとれんこん、長ネギを盛り、煮汁をかけ、あさつきをちらす。

memo
・煮魚にする場合は骨付きを選びましょう。骨からうまみが出るのでおいしくなるだけでなく、煮くずれもしにくくなります。
・煮魚には広口で浅いフライパンがおすすめ。煮上がった魚を取り出しやすく、煮汁をかけながら煮るときにも便利です。
・最初が弱火だと、煮汁が魚の上まで上がらず、味がしみ込みにくくなります。落とし蓋(紙蓋)に煮汁が当たる程度の火加減が中火の目安です。
・れんこんが入ると、煮汁に軽くとろみがつき、さばに煮汁がからみやすくなります。

最後に

さばの味噌煮とうまみたっぷりの野菜を、ぜひ味わってください。

FYTTE 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加