イランの人権侵害めぐり 国連の人権理事会が調査団設置の決議を採択

イランの人権侵害めぐり 国連の人権理事会が調査団設置の決議を採択

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/25
No image

大規模なデモが続いているイランについて、国連の人権理事会は人権侵害を巡る調査団設置の決議を採択しました。

イランでは22歳の女性がスカーフのかぶり方が不適切だとして拘束され、死亡したことをきっかけに大規模なデモが相次ぎ、多数の死傷者が出ています。

国連人権理事会は24日、特別会合を開き、抗議デモへの弾圧など人権侵害を巡る調査団の設置を盛り込んだ決議を日本や欧米諸国など25カ国の賛成多数で採択しました。

決議ではイラン政府に対し、女性への差別の撤廃や、言論・集会の自由の保障を求めています。国連はデモ弾圧により子ども40人を含む300人以上が死亡し、およそ1万4000人が拘束されたと指摘しています。

EU議会 カタールでの人権状況の非難決議を採択

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加