インパルス・板倉が著書「蟻地獄」の舞台化で脚本・演出に初挑戦

インパルス・板倉が著書「蟻地獄」の舞台化で脚本・演出に初挑戦

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

お笑いコンビ、インパルスの板倉俊之(43)が7日、東京・品川のきゅりあんで舞台「蟻地獄」(東京・よみうり大手町ホール、6月4~10日)の製作発表会見に主人公の高橋祐理(20)、山口大地(32)、天野浩成(42)、向井葉月(21)と出席した。

自身が手掛けた同名小説の舞台化で脚本・演出に初挑戦。昨年7月に上演予定だったがコロナ禍で中止になっており「サスペンス、ミステリー、バイオレンス、かっこいいシーンも出てくる。ノッケからケツまでギュウギュウ詰めでいきます。成功させたい」と意気込んだ。

No image

舞台「蟻地獄」の製作発表会見に登場した左からインパルスの板倉俊之、山口大地、高橋祐理、向井葉月、天野浩成=東京・東大井

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加