阪神・梅野 得点圏打率驚異の・615 ボール直撃で途中交代も矢野監督「大丈夫」

阪神・梅野 得点圏打率驚異の・615 ボール直撃で途中交代も矢野監督「大丈夫」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/20
No image

3回、タイムリーを放つ梅野(撮影・飯室逸平)

「阪神10-7ヤクルト」(18日、甲子園球場)

今年の“得点圏の鬼”は梅野が襲名だ。三回に4点を奪い、なおも1死二、三塁のチャンスで執念を燃やした。2番手大下のシュートを振り抜くと、打球は二塁・山田のグラブをはじいて、中前へ抜けていった。

「点数は何点あってもいいですし、ガンケルもいい投球をしてくれているので、援護することができて良かったです」

猛攻の総仕上げとなる5点目の適時打。怪物ルーキー佐藤輝の後ろで、7番の存在感が際立つ。打率・254に対して得点圏打率は驚異の・615。リーグ断トツの勝負強さでポイントゲッターの役割を担っている。

大勝ムードのスタンドがヒヤリとしたのは8-1の七回だ。無死一塁から2番手・石井大の2球目がワンバウンドする暴投となり、正捕手の右手親指付近を直撃。患部の腫れがひどく、坂本と交代したが、試合中にはベンチへ戻った。

試合後、矢野監督は「あの展開であれば、腫れをすぐ引かせることのほうが大事だと思ったので。たぶん大丈夫だと思うんだけど」と説明。思わぬアクシデントに見舞われてしまったが、大事には至らなかった模様だ。

開幕から全試合スタメンマスクをかぶり、チームに欠かせない存在だ。20日からは東京ドームで巨人3連戦。勝負強い正捕手がG倒のキーマンとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加