クイーン人気は大人の女性の熱気で続く?「フレディと一体化したい」とコスプレ挑戦も

クイーン人気は大人の女性の熱気で続く?「フレディと一体化したい」とコスプレ挑戦も

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/05/05
No image

羽田空港での「クイーン・デイ」イベントは、トークショーとトリビュートバンドによるライブの構成。開始前にはマスクを一瞬はずし、黙って写真撮影を楽しむファンも (撮影/写真部・東川哲也)

1975年の初来日以来、複数回、巻き起こっているクイーンブーム。2018年公開の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットから続く人気は、20年のクイーン+アダム・ランバートの来日公演を経て、いまだ熱い。映画が6月4日に地上波テレビで初放送されると発表されたときは、ツイッターでトレンド入りしたくらいだ。なぜこんなにも熱狂が続くのか。

【前編/結成50年“クイーン愛”が止まらない! 初来日から続く日本との不思議な縁とは】より続く

【写真特集】「クイーン・デイ」のイベントの様子はこちら

*  *  *

映画「ボヘミアン・ラプソディ」から再燃した人気が長く続く理由をクイーン研究家の石角隆行さんは、「新しいファンが支えている」と分析している。以前からのファンに加え、映画を機にファンになった層が熱気を生み出しているというのだ。

「映画で一気に増えた10~20代の若いファンはさすがに離れ、だいぶ減りました。今も熱いのは40~50代の女性。それも、曲はテレビドラマやCMで知っていたけれど、リアルタイムではクイーンをよく知らなかった人たちです」

しかも、彼女たちは勉強熱心だ。カルチャースクールでの石角さんのクイーン講座に参加したり、関連書を読んだり、旺盛な知識欲を持っている。そして、初期から、フレディが亡くなり、アダム・ランバートがボーカルを務める現在まで、どの時期のクイーンも丸ごと愛しているのが特徴だという。

なぜそこまでクイーンにひかれるのだろう。映画をきっかけにファンになった一人に聞いてみた。フレディをこよなく愛するミコさんだ。

家事と育児、仕事に忙しくしていたミコさんは、十数年ぶりに行った映画の予告で「ボヘミアン・ラプソディ」と出会い、雷に打たれたような衝撃を受けた。

「予告編から流れる曲とフレディの声に耳が奪われたような気持ちでした。本編は、公開初日の1回目の上映で見ました。体が震えるほど興奮して、逆に涙も出ないくらい感激したんです」

ミコさんはクイーンの存在は知っていたが、短髪でヒゲをたくわえたフレディの姿になじめず、長年、興味が持てなかった。フレディが亡くなったときも、一つのニュースとしてとらえていた。ところが映画を見て一変。寝ても覚めても考えるのはフレディのことばかり。それも、憧れのフレディと一体化したいという思いがつのった。

そして始めたのが、フレディのコスプレだ。演劇経験があるミコさんにとって、他人を演じるのは初めてのことではない。しかし、フレディの影響力は別格だった。

「フレディになったつもりでコスプレをしたり、ポーズをまねて写真を撮っていると元気が出てくるんです。次はどの姿をまねしようと、考えるのも楽しくて」

思いがけない喜びも得た。自撮り写真をツイッターで公開したところ、喜んでくれる人がいたのだ。コスプレをきっかけにクイーンを愛する仲間と知り合えたこともうれしかった。

最近はコロナの心配もあり、コスプレは最小限に。今年に入り、ドラムのロジャー・テイラーのコスプレをしているちぃさんとのツーショットが楽しめたが、久しぶりの再会だった。ふだんは自宅の庭をステージに見立てたり、可能な限り周囲に迷惑をかけないように気をつけている。

「独りよがりの自己満足かもしれません。でも私にとってフレディはとても大切な存在。コスプレを通してクイーンへの愛を共有できる人たちと出会えたことは、毎日を頑張るエネルギーにもなっているんです」

クイーンの存在は、不思議と人々の創造性を刺激するようだ。映画「ボヘミアン・ラプソディ」が社会現象になっていたころは、メンバーのイラストやマンガ、編みぐるみなどの手芸が頻繁にSNSにアップされていた。

実際に曲を演奏し、ファンの前で披露しているトリビュートバンドは、今のクイーン人気をどう見ているのだろう。「クイーン・デイ」でライブを披露した「QUEER」も今年は結成10周年という記念の年だ。

「毎回、観客のなかに新しいファンの方がいるんです。映画の公開から2年以上経っても、ファンが増え続けている印象があります」とフレディ役を演じるボーカルのバルサラさんは話す。

そして、トリビュートバンドの役目は、ファンとクイーンの間をつなぐこと、とも。過去のクイーンの演奏をなぞりながら、今もオリジナルメンバーでライブを続けていたら、というイメージを加えて演奏しているという。

「QUEER」のライブもラストは本家と同様、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」から「伝説のチャンピオン」の流れは変わらない。席に座ったまま、マスクをかけて拍手だけのライブでも、リズムにあわせて体を揺らすファンの体からはクイーンへの熱い想いが立ち上っていた。(角田奈穂子=フィルモアイースト)

>>【関連記事】「クイーンブームがいまだ熱い チケットは10分で完売!ファン興奮のイベントとは」はこちら

※週刊朝日  2021年5月7-14日合併号

角田奈穂子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加