広島大敗 3回降板の床田は2軍降格 味方の拙守も響く

広島大敗 3回降板の床田は2軍降格 味方の拙守も響く

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/04
No image

3回、勝ち越しを許してマウンドに集まった床田(左から2人目)ら広島ナイン(撮影・堀内翔)

「巨人11-3広島」(1日、東京ドーム)

広島が巨人に大敗を喫し、借金は今季最多の7に膨れ上がった。 痛恨だったのは同点の三回。無死一、二塁で3番・丸の犠打を処理した松山が一塁に悪送球。二走・亀井が本塁に生還(記録は内野安打と松山の失策)し、逸(そ)れた送球が右翼前で失速する隙に打者走者の丸にも二塁を陥れられた。高ヘッドコーチは「一つは確実に(アウトを)取らないとね」と致命的なミスを悔やんだ。

その後、犠飛と適時打で3点を失い、主導権を相手に渡した。1-5の六回にはケムナが岡本に満塁弾を浴び、試合を決められた。 先発の床田は三回で降板。拙守が響いたとはいえ、ここ数試合で良化の兆しが見えない左腕の次回登板に、佐々岡監督は「もうないです」と2軍降格を明言した。これで6カード連続で勝ち越しがなく、巨人戦は7年ぶりの5連敗で巨人相手に今季はまだ1勝。3連敗阻止へ、流れを変える白星がほしい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加