SNSで話題“触らず虫逃がす”画期的グッズ 再生回数700万回超...大学生の発明を商品化

SNSで話題“触らず虫逃がす”画期的グッズ 再生回数700万回超...大学生の発明を商品化

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

動画を見る(元記事へ)

家の中で発見した嫌な虫。こんな時に活躍する画期的なグッズがSNSで話題となっています。

それが「触らず むしキャッチリー」。これを虫にかぶせ、取っ手を引っ張りキャッチ。外に持ち出して取っ手を戻してリリースします。

構造は一部が開いた2つの箱を組み合わせた簡単なものですが、虫に触れることなく、見事に捕獲。やはり虫に触らずに外に逃がすことができます。

TikTokに投稿すると総再生回数は700万回以上。動画には「いや、これほしいわ…」「虫潰したくない逃がす派なので、コレめちゃくちゃほしい」「生かしてあげようという、その発想が優しい」とのコメントが寄せられました。

「こんな道具が欲しかった」と、絶賛する声が殺到したこのグッズ。発明したのは、日本大学の学生たちです。

商品化を提案されたメーカー側は、次のように話します。

旭電機化成 開発課 森内壮多課長:「殺虫剤とか虫を殺す商品がたくさん世の中にあるんですけど、逃がすという観点での商品はほとんど少なくて。独自の観点というか、今までにない新しい観点でつくられた商品だなと感心した」

社内で検討を重ねた結果、1個550円で売り出すことにしました。4カ月で5000個以上を売り上げ、好調な滑り出しを見せているということです。

(「グッド!モーニング」2022年6月23日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加