母親の遺骨が盗まれた!近藤真彦に「レコード大賞を辞退しろ。さもなければ...」脅迫/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

母親の遺骨が盗まれた!近藤真彦に「レコード大賞を辞退しろ。さもなければ...」脅迫/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2022/06/23
No image

25歳年下の女性社長との5年越しの不倫愛が報じられた近藤真彦は昨年、所属するジャニーズ事務所から退所を発表した。近藤というとすぐ頭に浮かぶ有名な記者会見が、1990年12月31日、テレビ朝日で午後10時に突如として行われた中森明菜とのものだろう。

【関連記事】「女ざかりの32歳」離婚後の石川さゆりに群がった男たち/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

集まった報道陣は200人。そんな中、

「毎日元気づけて励ましの言葉を送ってくれた近藤さんには、私なんかより、もっともっと辛い苦しみを与えてしまった」

と語り、膝まで頭を下げる明菜に対して近藤は、

「一緒に応援していかなければならないと思い、ずっと黙っていましたが、明菜ちゃんのレールを敷いていかなければならず、この半年はつらい毎日でした」

どこか吹っ切るように語る姿が印象的だった。

この会見では、2人の背後に置かれた金屏風が、いまだ謎として語られているが、私にとって忘れられない出来事は別にある。それが近藤の母親の「遺骨盗難事件」だ。

明菜とのスキャンダルを起こす前年の1988年1月初旬。私は年末の紅白歌合戦の慰労会を兼ね、NHKスタッフと都内のレストランで会食をしていた。そこへ某歌手のマネージャーが新年の挨拶に訪れ、紅白の舞台裏話などを聞いている最中に、彼がこう切り出したのだ。

「実はマッチのお母さんの墓が荒らされたらしいんですよ。詳細は分かりませんが、今、(近藤が契約するレコード会社の)CBSソニーでは大騒ぎになっているという話です」

一瞬、耳を疑った。この時代に墓荒らしなどあるのだろうか。直ちに現場に急行した。

近藤の母・美恵子さんが眠るのは、横浜市栄区の「横浜霊園」だった。管理事務所を訪ねると「私どもの口からは…」とくぐもった返答が。そこで周辺を聞き込むと「刑事さんが不審な人や車を見かけなかったかと尋ねてきた」という複数の証言を得られた。

所轄署を直撃すると詳細は話さないものの、墓荒らしは事実だった。ジャニーズ事務所に連絡を入れるが、「捜査中のため、コメントは差し控えさせていただきたい」という。CBSソニーをはじめ、テレビ局関係者を取材すると、徐々に事件の詳細が判明していった。

CBSソニーに男の声で「今夜中に近藤真彦の母親の墓を調べておけ!」という電話が入ったのは、前年12月26日午後6時過ぎのこと。近藤の父親の立ち合いのもと、墓を調べたところ、母親の骨箱ごとなくなっていたという。さらに2日後にもCBSソニー社長宛に〈レコード大賞を辞退しろ。さもなければ、お骨を処分する〉という内容の手紙が届いたという。

私は所轄署及びレコード会社関係者の談話を取った後、原稿を入れた。記事はスクープとなり、翌週からは各メディアによる取材合戦が始まったのである。

そんな遺骨盗難事件から34年。有力な手がかりがないまま、事件は時効を迎えた。遺骨を盗んだ不届きな「愚か者」は、いまだに捕まっていない。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加