サンウルブズ、1日限り再結成“主役食い”意欲

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11

日本ラグビー協会は10日、サンウルブズとの強化試合(12日、静岡・エコパスタジアム)に臨む日本代表の出場メンバーを発表。主将を務めるFLリーチ・マイケル(32)=東芝、SO田村優(32)=キヤノン=ら2019年W杯日本大会のメンバー13人が先発に名を連ねた。初の8強入りを果たしたW杯後では初となる、約1年8カ月ぶりの代表の実戦。桜の戦士が再始動する。

サンウルブズは1日限りで再編成される試合に向け、出場メンバーを発表。プレー機会確保のため、8日に日本代表から合流したPR森川(サントリー)、NO・8ガンター(パナソニック)らの先発が決まった。オンライン取材に応じた大久保直弥ヘッドコーチは「ジャパンの引き立て役になろうと思っている選手は一人もいない」と、充実の表情を浮かべた。

再出場OK

試合は最大登録25人(通常23人)で実施。コンディション維持のため、戦術的な入れ替えで退いた選手が再度出場できる特別ルールで行う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加