台風14号 鹿児島県 15日夜はじめにかけ土砂災害に注意

台風14号 鹿児島県 15日夜はじめにかけ土砂災害に注意

  • MBCニュース
  • 更新日:2021/09/15

台風14号は東シナ海をゆっくりと東へ進んでいます。15日は大雨のおそれはなくなりましたが、薩摩、大隅、種子島・屋久島地方では、15日夜はじめごろにかけて土砂災害に注意が必要です。

気象庁によりますと、台風14号は午前9時には、奄美大島の西北西およそ430キロの東シナ海にあって、ゆっくりとした速さで東に進んでいます。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルです。鹿児島県内では風速15メートル以上の強風域に、薩摩地方、種子島・屋久島地方、奄美地方のそれぞれ一部が入っています。

台風はこのあと、16日にかけて進路をゆっくりと北寄りに変える見込みです。台風周辺の雨雲は県内から遠ざかり、15日は大雨のおそれはなくなりましたが、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあります。

13日の降り始めからの総雨量は、鹿屋市吉ケ別府で178.5ミリ、肝付町で150.5ミリ、西之表市で143.5ミリなど、平年の9月ひと月分の半分に達しています。

気象台は、15日夜はじめごろにかけて土砂災害に注意を呼びかけています。

No image

台風14号 鹿児島県 15日夜はじめにかけ土砂災害に注意

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加