叩く力のロスをなくすダウン時の右肩の動きとは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

叩く力のロスをなくすダウン時の右肩の動きとは!?【最長406ヤード!浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド】

  • ラブすぽ
  • 更新日:2022/08/06
No image

胸の高さは変えずに右ワキ腹を縮める!

●カカトを上げながら右肩を少し下げる
ダウンスウィングの最初の動きとして右足でヒザ蹴りをする際、もう一つ大切なことがあります。

それは、身体の軸の傾きを変えないこと。右足で地面を蹴った結果、軸が左に倒れるようでは、力が逃げてしまいます。

これを防ぐため、胸の中心部の高さが変わらないように注意してください。

具体的な動きとしては、右肩を少し下げつつ、右足のツマ先をギュッと踏んで右カカトを浮かせます。下半身では下から上へ、上半身では上から下へと力を出し、両方の力を逃がさずインパクトへ向けていくわけです。

右肩を下げながら右カカトを上げれば、身体の右サイドが縮まった形になることもポイントです。

また、右足を蹴る動作は、右太モモの筋肉を使うことが大事です。

右足を蹴った状態で、右足の太モモの筋肉が硬くなっているかチェックしてみてください。

【かっ飛び!Point】
右カカトを上げながら右肩を少し下げ、胸の中心部分の高さを変えないようにすること。大きな力で叩くために必須です。

No image
No image

出典:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』著/浦大輔

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

書籍情報:『最長406ヤード! 浦大輔のゴルフ“かっ飛び”メソッド』
著者:浦大輔

No image

本書の著者は400ヤード級のドライバーショットを放ち、飛距離アップをメインとするゴルフのレッスンプロ。これまで動画や書籍によって、著者の多岐にわたるスウィング・メソッドを紹介しているが、この本で初めて自身のスウィング論を公開。身体の構造(筋肉や骨)や仕組み、物理学などに基づいた、根拠のあるロジックによりスウィングのスキルアップの方法を解説する。プロゴルファーのスウィングをマネをして覚えるのもひとつの上達方法だが、「コックは何のために使うのか?」「右足は地面を蹴れているのか?」「右腰位置でインパクトできているか?」など、スウィング動作一つ一つについてその目的、理由を解き明かしながら具体的な身体の動かし方や使い方を解説。テキストのほかに数多くのカラー写真や、本書撮り下ろし動画によっても、わかりやすく紹介している。

ラブすぽ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加