インテル10番の代理人が残留を明言「レアルやバルセロナと何もないことを保証する」

インテル10番の代理人が残留を明言「レアルやバルセロナと何もないことを保証する」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/09/15
No image

【写真:Getty Images】

23歳のアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスはインテルに残留すると、同選手の代理人を務めるベト・ヤケ氏が明言した。14日に伊メディア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。

同メディアによると、現地時間14日午後にマルティネスの代理人のベト・ヤケ氏とローランドー・サラテ氏がインテルのクラブハウスに入っていく様子が目撃されたという。そのため、バルセロナやレアル・マドリードから届いたオファーを提示したとの噂や、契約延長に向けてインテルと話し合ったとの憶測を呼んでいる。そして、1時間も経たないうちに現れ、同メディアを含む複数のメディアのインタビューに答えた。

この場に現れた理由について、ベト・ヤケ氏は「それは単なる表敬訪問。それが真実の全てだ」とし、「マドリーやバルセロナとは何もないことを保証する。彼はインテルに残留する」と語ったとのこと。今夏の移籍市場でインテルを離れる可能性は低くなったと言えそうだ。マルティネスは2019/20シーズン、背番号10を身に付けて公式戦49試合に出場し21得点7アシストを記録。チームの絶対的エースとして活躍していた。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加