ソフトバンク 6回慶応ボーイ正木に慶応ボーイ柳町を代打投入 先輩は出塁も後続が3者連続三振

ソフトバンク 6回慶応ボーイ正木に慶応ボーイ柳町を代打投入 先輩は出塁も後続が3者連続三振

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇パ・リーグ ソフトバンクーロッテ(2022年9月23日 ペイペイD)

No image

<ソ・ロ>6回、二塁打を放つ代打・柳町(撮影・岡田 丈靖)

慶応ボーイに代わって慶応ボーイを送り込み、チャンスは拡大した。ソフトバンクが、23日のロッテ戦で1―2の6回先頭で正木に代わって代打・柳町を送った。柳町は3番手・西野の直球を叩き、二塁打で出塁。続く周東が送りバントの構えから空振りし、捕手・松川が二塁に送球した間に柳町は三塁へ向かった。無死三塁となり、直後に代走・佐藤直を送られてベンチへと戻った。

正木と柳町は、ともに慶応高―慶応大の野球部出身で、柳町が2学年先輩だった。後輩・正木の入寮時には自身の冷蔵庫を譲った。

ただ、このチャンスで周東、野村大、三森が3者連続空振り三振。まさかの無得点に終わった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加