羽織りの季節はインナーとして活躍! 大人におすすめのロゴ&フォトプリントTシャツ【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #53】

羽織りの季節はインナーとして活躍! 大人におすすめのロゴ&フォトプリントTシャツ【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #53】

  • Marisol ONLINE
  • 更新日:2022/05/14

断然「無地Tシャツ」派だったエディター坪田ですが、今年は「ロゴ」と「フォト」Tシャツの着用率がぐんとアップ! 今らしい気分の着こなしと選び方をご紹介します。

No image

坪田あさみ エディター・ライター

坪田あさみ エディター・ライター

大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。

@asamit1201
@sundownertokyoomuretsu

レイヤードしても存在感抜群な

プリントTシャツが大豊作!

春から夏に向けて私がもっとも買っているのは「プリントTシャツ」です。これまで無地Tシャツが多かったので珍しいことなのですが、なぜか今年はプリントものが自分的にヒットで、気に入ったものを見つけたらちょこちょこ買い集めています。特に今のようにまだ羽織りが必要な時期のインナーとして、無地TよりもプリントTの方がコーディネートの気分に合っていて登場回数が増えています。

そこで今回は普段から私がヘビロテしているプリントTシャツを使った着回しコーディネートとともに、大人にちょうどいい一枚の選び方をご紹介します。

子供っぽく見えないロゴTは

モノトーン一択で!

No image

▲ざっくりとしたコットンカーディガンのインナーにロゴTシャツを着用。全体をモノトーンにしているので、カジュアルな着こなしでも大人っぽく決まります。

Tシャツ/TANG TANG カーディガン・パンツ/ATON バッグ/MODERN WEAVING 靴/Maison Margiela

オーソドックスなプリントTシャツといえば「ロゴ」ものですね。私は白地に黒文字、もしくは黒地に白文字のものを選んでいます。デザインの可愛さでつい色物を買ってしまったことはありますが、それらはアウトドアシーンでは良いけれど、街中で着るにはちょっと子供っぽかったり、休日感が強かったりして出番が少なく。今はロゴものを買う時は「モノトーン一択!」と決めています。

同じロゴTを使って別の日はこんな着こなしに。

No image

▲似たようなモノトーンコーディネートですが、この時期重宝するライダースを重ねてみました。大胆に太いワイドパンツと華奢なストラップサンダルを合わせるとさらに大人っぽい印象になります。

Tシャツ/TANG TANG ライダース/SWORD パンツ/STORY×ASAMI TSUBOTA バッグ/ZANCHETTI 靴/MICHEL VIVIEN

No image

▲こちらも同じロゴTをミリタリーブルゾンのインナーとして合わせました。コンサバになりがちなひざ丈スカートのコーディネートでも、ロゴTの存在感がいい仕事をしてくれます。

Tシャツ/TANG TANG ブルゾン/vintage スカート/MADISONBLUE バッグ/ZANCHETTI 靴/PELLICO

No image

▲リネンコートの下にもロゴTシャツ。力の抜けた休日カジュアルにロゴTはぴったりです。とにかく何にでも合う一枚です。

Tシャツ/TANG TANG コート/MADISONBLUE パンツ/roku バッグ/CELINE 靴/Golden Goose

ロゴよりも面積が広い分

存在感がアップする「フォトTシャツ」

そしてロゴT同様着回し力が高いプリントといえば「フォトT」です。昨年から人気があり、さまざまな店で売られていますが、私はヘルムートニュートンの写真を使ったフォトTを選びました。面積が広いのでロゴよりもインパクトがあり、こちらもコーディネートで使いやすいのでおすすめ。こちらもロゴ同様、モノトーン一択で選びます。

No image

▲トレンチコートのインナーは、ボーダーではなく今年はフォトT合わせに。これが白無地だと地味でしたが、フォトTだと好バランスに。

Tシャツ/THE INTERNATIONAL IMAGES COLLECTION コート/HYKE パンツ/Chaos 靴/Maison Margiela

No image

▲ヴィンテージライクなミリタリージャケットとTシャツの組み合わせは、時にカジュアルすぎることもありますが、モード感のあるフォトTならちょうどいいバランスに。

Tシャツ/THE INTERNATIONAL IMAGES COLLECTION ジャケット/ROTHCO パンツ/roku 靴/Maison Margiela

No image

▲きれいめなハイゲージのニットカーディガンの下に合わせることも。Tシャツコーデでもきちんと感が出ます。

Tシャツ/THE INTERNATIONAL IMAGES COLLECTION カーディガン/gicipi パンツ/Chaos

今年はバックプリントにも注目

さらに今年はバックプリントも活躍しています。以前はむしろバックプリントTシャツは若い感じがして意識して避けていたのですが、今年は大人が着やすいデザインが多いので、積極的に取り入れています。

No image

▲大きく大胆なロゴがプリントされたロンTは、後ろ姿もさまになります。あえてテイストが全く違うチュールスカートと合わせました。

Tシャツ/JOURNAL STANDARD スカート/ebure バッグ/MODERN WEAVING

No image

▲ロゴのデザイン次第では、黒地に白文字のバックプリントも、ハードになりすぎません。スカートと組み合わせて取り入れれば、バックプリントTシャツの着こなしの幅が広がります。

Tシャツ/Deuxieme Classe スカート/TOMORROWLAND バッグ/Cape HEIGHTS 靴/MACKINTOSH

No image

▲今年はよりハードなプリントもMIXして着たい気分。90年代のハーレーダビッドソンの古着に白文字のロゴをペイントしてリメイクしたTシャツも、新たにワードローブに加えました。以前ならあまり手を出さなかったヴィンテージTシャツですが、夏は一枚でバックプリントを見せて楽しむ予定。

Tシャツ/CALUX ブルゾン/vintage スカート/ATON バッグ/CHANEL

いかがでしたでしょうか? 過去にこちらの連載で夏のTシャツについて書いた時は、無地Tばかりをご紹介していましたが、今年はプリントものばかり! もちろん無地Tも新しく買っているので着るとは思いますが、なんだかプリントのほうが気分ということで、最近の着用コーディネートとともにご紹介しました。

今回も読んでくださりありがとうございます!

*次回更新は2022年6月12日になります。

No image

【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加