名物ツリー、2年ぶり登場 USJ、19年までギネス世界記録

名物ツリー、2年ぶり登場 USJ、19年までギネス世界記録

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2021/11/25
No image

"2年ぶりにUSJに登場したクリスマスツリー。USJのキャラクターが祝福した=2021年11月25日午前、大阪市此花区、新井義顕撮影"

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)に25日、名物のクリスマスツリーが2年ぶりにお目見えした。来年1月10日まで展示する。

「寄せ集め集団」からの脱却 USJ試練続きの20年

USJのツリーは2019年まで9年連続、電飾の数でギネス世界記録に認定されていたが、昨年はコロナ禍で展示を見送った。今年は高さや電飾の数は「非公表」だが、30メートルを超えた以前のものと比べると、かなり小ぶりだ。ツリーの頂点には今年の開業20周年のフレーズ「NO LIMIT!」と書かれた飾りをつけた。設置場所は例年と異なり、スペースをとりやすい芝生の広場に移した。

この日の報道陣向けイベントでは、ピンクや黄色の衣装に身を包んだスタッフらが来場客と一緒に踊りなどを披露した。札幌市から来た会社員の鷲見彩香さん(24)は、「イベントもできない状態がしばらく続いたので、久しぶりにワイワイできて楽しかった」と笑顔を見せた。

USJは26日から来年1月10日まで、クリスマスのショーなどを行うイベントを開く。ただ、現在は大阪府の要請に従い、入場者数の上限を収容可能人数の半分に抑えている。広報担当者は「密を避けつつ、楽しんでもらいたい」と話す。(加茂謙吾)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加