井岡一翔 悲願の統一戦決定!10回目大みそか戦IBF王者アンカハスと「絶対に勝つ」

井岡一翔 悲願の統一戦決定!10回目大みそか戦IBF王者アンカハスと「絶対に勝つ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/26
No image

会見に臨む井岡一翔=東京・ヘキサゴンビル(撮影・高石航平)

日本人唯一のボクシング世界4階級制覇王者で、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)=志成=が12月31日に東京・大田区総合体育館でIBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(29)=フィリピン=と王座統一戦を行うことが25日、発表された。

アンカハスは戦績33勝(22KO)1敗2分、現役世界王者最多の9度防衛を誇るサウスポー。井岡にとってWBC世界ミニマム級王者だった12年6月にWBA同級王者の八重樫東(大橋)と対戦して以来2度目の王座統一戦となる。

日本人初の4団体統一を目標にする井岡は、熱望していた対戦が実現することに「このタイミング、今年の大晦日にできるのをうれしく思います」と語った。「僕もアンカハス選手に対して、リスペクト、ありますし、彼もこの試合に向けて楽しみだというモチベーションが高いと思うので、僕も準備をして、いい試合をしたいと思います」と意気込み、ビッグマッチ実現に、「びっくりする気持ちと、来たなっていう気持ちです」と話した。

統一戦に勝利し2本のベルトを手にしたあかつきには、WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者のファン・フランシスコ・エストラーダ戦を視野に入れる。「僕はエストラーダ選手にオファーしたいと思っているので、かなり、ぐっと現実味が増すんじゃないかなと思っています」と大きな野望を抱いている。

今回対戦するアンカハスについては「めちゃくちゃ強いですね」と断言する。「映像をしっかり見ると、こんなに強いんだと、ますます強さが分かるという。さすが、この階級で長年チャンピオンだったことはあるなと」と全身全霊をかけた戦いになる。「純粋に勝ちたいです」、「絶対に勝つ自信があります」と決意を口にした。

井岡の大みそかマッチは2011年に初めて行われ、2017年以外、9回行われてきた。過去の成績は8勝(6KO)1敗で、2団体の統一戦はミニマム級時代の八重樫東戦以来で2度目。この試合は日本初の日本人王者同士による2団体統一戦で、激闘の末に3-0で判定勝ちしていた。

試合はTBSが生中継する。放送時間は決定次第、発表するとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加