季節行事をテーマにした料理の投稿が人気!インスタグラマーのrieさんに質問

季節行事をテーマにした料理の投稿が人気!インスタグラマーのrieさんに質問

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/11/25

彩り豊かな日々のお弁当や常備菜、季節行事の食卓をインスタグラムで発信し、人気のインスタグラマーのrieさんに編集部がインタビュー。4年前にマンションリノベした自宅キッチンも紹介します。

No image

rieさんがインスタにアップしたハロウィンのお弁当。こちらは2020年のもの

Q1.過去の投稿で反響が大きかったものは?

A.5年ほど前から恒例にしているハロウィンのお弁当は、毎年たくさんのリアクションをいただきます

No image

あまりかわり映えしないとつまらないかなと思い、1年にひとつは新キャラを登場させてきました(上の写真は2021年の投稿)。

この記事のすべての写真を見る

No image

単身赴任中の夫用につくっている冷凍弁当も、反響が大きかったです。お弁当箱ごと冷凍した状態で渡し、職場で温めて食べてもらっています。

麺類よりごはんものの方が好評です。常備菜を入れているイワキの耐熱ガラスの保存容器は長年使っていますが、まったく劣化せず重宝しています。

Q2.そもそもインスタを始めたきっかけは?

A.力を注ぎきった結婚式が終わって燃え尽き症候群気味だったときに、新しい趣味としてお弁当づくりを開始

No image

料理はまったく得意ではなかったのですが、実益も兼ねて…(笑)。はじめの頃は5時間かけて彩りのない、茶色いお弁当をつくるのがやっとでしたが、今はレパートリーが増えて、味も見映えもだいぶ上達したかな。

ちなみに上の写真を、お弁当ビフォーアフターとしてツイッターに投稿したら結構バズりました。

Q3.最近の投稿で気に入っているものは?

A.最近だと、こどもの日やひな祭りの投稿がお気に入り

No image

今年はふたつの写真を並べたときに対になるようにつくってみました。ひな祭りのてまり寿司は、お寿司好きなわが家の定番メニュー。簡単で見栄えがいいので、頻繁に食卓に登場します。

No image

こどもの日の鯉のぼりスパムおにぎりも毎年恒例メニューで、子どものお気に入りです。

Q4.おせちづくりに1~2週間かけるそうですね

A.品数が多くて一気につくるのは難しいので、日持ちするものから順に、1週間ほどかけてつくりだめています

No image

おせちづくりは長期戦。しかも年末は仕事も大忙しなので、おせちづくりの工程表を用意して計画的に進めています。

おせち用の食材は年末になると品薄になりがちなので、いいものを見つけたら早めに購入するのがおすすめですよ。クリスマスにも手をかけたいので、この時季は本当に大忙しです(笑)。写真は2022年のお正月のもの。つくりすぎて大きいのと小さいの、2セットできてしまいました。

Q5.写真を撮るときに気をつけていることは?

A.自然光で撮るのが絶対条件。定番ですがスケッチブックをレフ板代わりに使っています

No image

冬場は日が出るのが遅いので、日が昇るまでじっと待ちますし、自然光が足りない雨の日は、バルコニーにテーブルを出して撮影することも。上の食卓の写真は、最近気に入っているアングルです。

No image

基本的にはミラーレス一眼レフを使っていますが、常備菜などを真上から俯瞰で撮影するときは、iPhoneの方がきれいに撮れる気がします。

Q6 キッチンや収納のこだわりを教えて!

A.キッチンを最大限広く!パントリーとして使えるオープン棚を設け収納量を確保

No image

4年前に空間社という会社に依頼してリノベーションしました。「寝室をどれだけ狭くしてもいいから、キッチンを最大限広く」とリクエストして完成したのがこのキッチンです。

No image

ワークトップが広くて調理も盛りつけもしやすいです。

No image

バックカウンターに使い勝手のいい無印良品の食器棚を収めたり、パントリーとして使えるオープン棚を設けたりして収納量を確保したので、キッチンをスッキリ保てています。

●rieさん

No image

彩り豊かな日々のお弁当や常備菜、季節行事の食卓を発信(フォロワー約3.2万人※2022年11月現在)。いちばん好きな料理家は栗原はるみさんで、出演番組をDVD保存するほど。単身赴任中の夫と長女(4歳)の3人家族。アカウント名は「@riebento」

日刊住まい編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加