森保ジャパン、豪州戦辛勝も経済界は「延命拒否」

森保ジャパン、豪州戦辛勝も経済界は「延命拒否」

  • JBpress
  • 更新日:2021/10/15
No image

FIFA W杯 アジア最終予選のオーストラリア戦での森保一監督(写真:徳原隆元/アフロ)

沈静化したとは言い難い。サッカー・日本代表を率いる森保一監督への批判が今も沸騰している。12日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で2―1と勝利し、何とか土俵際で踏ん張った。解任論が高まっていた森保監督の進退問題はひとまず先延ばしされた格好だが、世間からの厳しい目は依然として向けられたままだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

崖っぷちに追い込まれたことで采配が噛み合いだした?

背水の覚悟で臨んだ試合では中盤の構成を変え、ボランチに3選手を起用。トライアングルの底にアンカーとして遠藤航(シュトゥットガルト)、インサイドハーフに田中碧(デュッセルドルフ)と守田英正(サンタクララ)を並べると、これが功を奏して攻撃の活性化へとつながった。7日(現地時間)のアウェー・サウジアラビア戦で自爆パスの致命的ミスをやらかした柴崎岳(レガネス)の代わりにスタメン起用された田中が、まず前半8分に先制ゴールを奪う。

後半25分に同点に追いつかれたものの41分に途中出場のFW浅野拓磨(ボーフム)が左サイドからシュートを放つと、これが相手GKの手をはじいてポストを直撃。はね返ったボールが相手DFに当たって決勝のオウンゴールとなる幸運を呼び込んだ。

ここまでの3試合で僅か1得点だった森保ジャパンが最終予選B組で首位をひた走る難敵のオーストラリアから2点を奪い、勝利したことは確かに大きい。相当なひいき目で結果だけを見れば、崖っぷちに立たされたことで森保采配の歯車がようやく噛み合い始めたと言えるかもしれない。

オーストラリア戦勝利でも続く茨の道

しかしながら今後の最終予選残り6試合もイバラの道が続くのは星勘定と照らし合わせれば一目瞭然だ。現在の日本は2勝2敗、勝ち点6でB組6チーム中“暫定3位”。

最終予選ではA、B組の上位2カ国ずつがW杯出場権を得る。A、B組の3位同士でアジアプレーオフを行い、勝てば大陸間プレーオフに回るチャンスも残されているとはいえ、これはかなりハードで険しいサバイバルマッチの連続となるだろう。言うまでもなくB組4位以下に沈めばジ・エンドだ。

一部朝刊紙では日本が1998年のフランスW杯で初めて本大会出場を決めて以来、最終予選成績は2敗が「ワースト」だったいうデータも報じられている。すでに今回の最終予選で2敗を喫している森保ジャパンは次に1つ負ければ、その“デッドライン”を超えることになる。指揮官の解任問題が再燃する流れは避けられそうもなく、歯止めもいよいよ利かなくなるだろう。

森保ジャパンから「スポンサー離れ」の懸念

楽観視できない森保ジャパンの今後を危惧しているのは、スポンサー企業も同様だ。大手広告代理店関係者は「弱い」「暗い」「人気ない」とクライアントにとってネガティブな要素が三拍子揃った森保監督の体制に強い危機感を抱き、次のように打ち明けている。

「スポンサー企業の担当者からは『発信力のない森保監督が続投のままでは日本代表の人気凋落が深刻化する恐れがある』『これ以上、強くなる材料が見当たらない』『サポーターから辞任要求が頻発していることでサポートするクライアント側にも悪影響が及ぶのではないか』などといった率直な疑問と不安の声が今現在も鳴り止まない」

しかも、その苦言は森保ジャパンが辛勝し、監督解任論を沈静化させたかと思われたオーストラリア戦の試合前の“珍事”によって皮肉にも拍車をかけることになってしまった。

「12日のオーストラリア戦も勝ったとはいえ、森保ジャパンの広告的価値を引き上げる結果にはつながらなかった。それどころか、あの試合前の国歌斉唱の中継映像で映し出されてしまった森保監督の姿は弱々しく、イメージダウンにつながってしまったと捉えられている。

君が代がスタジアムで斉唱された際、森保監督が涙を流していたことがクローズアップされ、美談にする傾向も一部報道によってはあったが、逆境に立たされていながらも動じない日本代表指揮官の姿を誇示してほしかったクライアント側の立場からすれば到底看過できるものではない。彼ら(クライアント側の)担当者は、ほぼ一貫して『頼りない』『追い詰められている』というクールな反応を示している。さすがにスポンサーを降りるというような強硬策は取らないだろうが、クライアント側が森保監督に落胆の色を隠せないでいるのは残念ながら間違いないところだ」

田嶋会長は森保監督と“心中”覚悟

一方で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は13日のオンライン会見で「指導者を育てるということは最終予選でやれない。そんな勇気はない。ベストな監督を選び、外国人でも日本人でもいいし、女性でもいい。その中で今、森保監督がいいとここまで来ている。我々はしっかりそこをサポートする必要がある。森保監督が成長しているのはよく分かる」と述べ、森保監督の続投方針が今後も揺るがないことを明言している。サポーターやメディア、そして一部スポンサー企業からも噴出する森保バッシングに釘を刺す格好となったが、ネット上を中心に強権発動の傾向が見られがちと指摘される田嶋会長自身への批判も顕著となっているだけに一件落着とはならないだろう。

ちなみに森保ジャパンを含め日本サッカー界に携わるスポンサー企業が恐れている最悪のシナリオは7大会連続のW杯出場が潰える“Xデー”が訪れることだ。1998年のフランス大会初出場から日本は「恒例行事」のように6大会連続でW杯へ参加してきた。

「それが、ここでストップすることになればサッカー人気の下落はまず避けられない。クライアントの中には契約内容の大幅な見直しや、スポンサーそのものから手を引く企業も出て来るだろう。次のカタールW杯出場を仮に逃した場合、日本サッカー界の経済的損失は数十億単位になるのは確実で、計り知れないダメージを背負うことにもなる」と前出の関係者は警鐘を鳴らしている。

どれだけ解任論が叫ばれようとも、日本サッカー協会で主導権を握る田嶋会長は森保ジャパンと“心中”する意向を固めた。個人的に日本のW杯進出の可能性は五分五分だと算出しているが、世間からの逆風を覆せるような快進撃でサムライブルーの面々が奇跡を引き起こすことを信じたい。

臼北 信行

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加