矢野監督が新外国人との対面を心待ち「早く見たい」

矢野監督が新外国人との対面を心待ち「早く見たい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

阪神対巨人 3回裏阪神無死一、二塁、サンズの左適時二塁打で生還したマルテ(右)を笑顔で迎える矢野監督(撮影・浅見桂子)

<阪神6-2巨人>◇6日◇甲子園

阪神矢野燿大監督(52)は新外国人選手との対面を心待ちにした。

メル・ロハス・ジュニア外野手(30)とラウル・アルカンタラ投手(28)が4日に来日。巨人戦後に「ただ単に来てもらうような選手2人じゃないんでね。大きな力になってくれるというところで来てもらった選手。こっちも期待値大きいし、早く見てみたいというのは正直なところ」と期待した。2人は出国前と入国後に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、陰性だった。14日間の隔離期間を経てチームに合流する予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加