映画鑑賞券が1,200円に! 全国の映画館9割が対象の「イベント割」チケットを発売

映画鑑賞券が1,200円に! 全国の映画館9割が対象の「イベント割」チケットを発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

ムービーウォーカーは12月2日の12時より、全興連との共同キャンペーン商品「イベント割 ムビチケ作品共通券」を販売する。

『映画刀剣乱舞』に柄本明・津田寛治・竹財輝之助出演 前作よりスケールアップ

同商品は、経済産業省のイベント需要喚起事業「イベント割」により、全国の映画館で好きな映画を観ることができる、土・日曜日、祝日も利用可能な作品共通券。

価格は一般1,200円、小人800円(高校生まで)の特別料金で、全国3,648スクリーン中3,353スクリーン(全体の92%)、419劇場が参加しているという(11月21日時点)。

購入には新型コロナウイルスワクチン接種証明書(3回以上、PCR検査などによる陰性証明は不可)の画像をアップロードする事が条件となっており、一度につき5枚までの購入ができる。

また、デジタル映画鑑賞券「ムビチケ」のシステムを用いての利用で"3密"が回避できる。

利用可能期間は、2023年1月31日まで。

フォルサ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加