リコー出身メンバーによるペン型全天球カメラ「IQUI」が10月に発売

リコー出身メンバーによるペン型全天球カメラ「IQUI」が10月に発売

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/16
No image

ベクノスは9月16日、ペン型の全天球カメラ「IQUI(イクイ)」を、10月1日から発売すると発表した。

ベクノスは、リコーが2013年に発売した民生用全天球カメラの事業立ち上げメンバーが中心となって2019年に発足した、リコー発のスタートアップ企業。IQUIは、ベクノス発足後の第一弾製品となる。

「さまざまなライフスタイルに溶け込み、普段使いで楽しく全天球画像を楽しめる」という基本設計思想に基づいて開発。思いついたときにバッグやポケットから取り出し、特別な瞬間、何気ない日常を全天球画像としてキャプチャーするという使い方を実現するため、スリムさ、コンパクトさにこだわった。

手へのなじみやすさ、軽さも特徴。 本体操作は3つのボタン(電源ボタン、シャッターボタン、写真/動画モード切り替えボタン)で実施する。電源ボタンを押せば瞬時に立ち上がるため、待ち時間なく撮影が可能であるとし、フルオートでの撮影にも対応する。

スマートフォン用アプリ「IQUISPIN(イクイスピン)」との併用で、IQUIとスマホとの接続、データ転送、スマホからのIQUIの遠隔操作が可能になる。IQUIで撮影した写真に動きやエフェクトなどを付加したショートビデオの作成、SNSでの共有にも対応する。

国内では、Amazon.co.jp、b8ta Tokyo – Yurakucho、b8ta Tokyo – Shinjuku Marui、二子玉川 蔦屋家電で販売を開始し、順次販路を拡大していく予定。価格は2万9800円(税抜き)。

■関連サイト

ベクノス

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加