JAOS(ジャオス)が新型LX600のオフロード仕様を発表! レクサスディーラーでも購入できるアフターパーツだ【東京オートサロン2022】

JAOS(ジャオス)が新型LX600のオフロード仕様を発表! レクサスディーラーでも購入できるアフターパーツだ【東京オートサロン2022】

  • MOTA
  • 更新日:2022/01/15

2022年1月14日(金)、カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」が千葉・幕張メッセで開幕した。今回注目したいのはレクサスと4WD&SUVカスタマイズパーツメーカーのJAOS(ジャオス)の協業により実現した「レクサス LX600 “OFFROAD” JAOS ver. 2022」だ。プレミアムSUVで「オフロードのイメージはない」と思う人が多いはずだが、新型LXはランドクルーザー300と兄弟車ということもあり、悪路走破性は随一の実力の持ち主なのだ。今回はレクサス LX600”OFFROAD” JAOS ver. 2022の装備内容と誕生の経緯を紹介したい。

No image

東京オートサロン2022 JAOSブース

ベースとなるレクサス LXにはオフロードグレードが用意される

レクサス 新型LXにはLX600(1250万円)、LX600”OFFROAD”(1290万円)、LX600”EXECUTIVE”(1800万円)と3つのグレードが設定される。

No image

レクサス 新型LX600

今回、レクサス 新型LXにオフロード仕様のグレードが設定された背景としては、SUV人気の高まりによるユーザーの多様化に対応すること。そしてLX600は最大出力415馬力、最大トルク650Nmを発揮する3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載しており、オフロード走行にも耐えうるパフォーマンスを持っていることなどが挙げられる。

No image

レクサス 新型LX600のエンジン

レクサスとジャオスの協業によってオフロード仕様のイメージをさらに高めるパーツが登場した

オフロードグレードを設定すると同時に、レクサスはアフターパーツメーカーのジャオスに多様化するニーズに対応するためのカスタマイズパーツの提案を依頼。ジャオスがこれまでトヨタ ランドクルーザーやスズキ ジムニーなどのアウトドアに適したモデルのカスタムに特化したメーカーであることもあり、「レクサス LX600のキャラクターを壊さずにカスタマイズを楽しめる」パーツとして、レクサス LX600”OFFROAD” JAOS ver. 2022を発表した。

No image

レクサス LX600”OFFROAD” JAOS ver. 2022のフロント

具体的には、それぞれのパーツをスッキリと見せるために車体の下回りを保護するフロントスキッドプロテクターやリアスキッドプロテクターはそれほど大きく主張するものではない。また、オーバーフェンダーを含む車体保護用パーツにはCFRP(炭素繊維強化樹脂=カーボン)を使用して存在感をアピールする。

No image

パーツのサイズはキャラクターを壊さないよう主張しすぎず、素材の良さで存在感をアピール

安定感のあるエクステリアデザインとするためボディ下部は黒で統一

さらに、フロントからサイド、リアにかけてボディ下部を黒で統一したことによって、どっしりと構えた安定感のあるエクステリアデザインに仕上がっている。

No image

ボディ下部は黒で統一し見た目の重心を下げている

もともとフェンダーの余裕が少なかったレクサス LX600は全体的なデザインのバランスや、海外人気も加味して、日本の法規定では構造変更が必要となる9mm以上のオーバーフェンダーを取り付け、20×9.0Jの大径ホイールを設定した。

No image

オーバーフェンダーとのバランスを考えて設定された大径ホイール

ちなみに構造変更とはクルマの安全基準を満たす範囲でボディ外寸や乗車定員の変更を行う場合に必要となる手続きだ。構造変更は、申請して検査を受けなければ違法改造になってしまうため、オーバーフェンダーを装着するといった全幅を9mm以上変更する場合などには申請が必要となる。

No image

レクサス LX600”OFFROAD” JAOS ver. 2022のオーバーフェンダー

また、参考出品となったがマッドガードと車種別取り付けキット、マフラーカッターも装着。オフロード仕様のデザインをさらに際立たせるアイテムだ。

No image

参考出品のマッドガード

展示されたパーツはレクサスディーラーでも購入できるよう準備を進めている

今回発表されたレクサス LX600 “OFFROAD” JAOS ver. 2022のアイテムはレクサスとの協業による開発であることから、レクサスディーラーでも取り扱う予定だ。

ベースとなる新型LX600が1250万円~と高額なモデルだけに、ユーザーを選びそうなアイテムではあるが、最近ではキャンプやウインタースポーツなどのアウトドアニーズも高まっていることから反響は大きそうだ。「アイテムの訴求だけでなく、オートサロンという公のイベントで公開することでさらにブランド価値を高めていきたい」(ジャオス担当者)という。

今回の新型LX600だけでなく、四駆を愛するアウトドアユーザーにはぜひ他モデルもチェックしてみて欲しい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

MOTA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加